やけに丁寧な私たちの会話

こたろうです。先日ルー大柴化してしまう国際結婚カップルの会話について紹介させていただきましたが、 今日は、もう一つの弊害?いや、いいことなんですけど、在日の国際結婚カップルあるあるではないかと思うネタです。 ときどき、あまりに丁寧で笑っちゃ…

近所の公園で起きているおとぎ話のような話

こたろうです。 最近は外出もままならなので、公園でピクニック、なんて方も多いのでは? アランも公園が大好きで、平日は仕事から戻るとまず公園、そして休日も朝から公園に行って、のんびりと日向ぼっこしたりしています。 わたしは花粉が怖いので、あまり…

緑茶に砂糖ってどうなのよ

こたろうです。 以前紅茶のご紹介もさせていただいていますが、夫アランの祖国ネパールはインドのお隣ということもあってなのか、コーヒーより紅茶の国です。 www.araam-nepal.com 特に、チヤといって、インド料理レストランではなじみのある、チャイみたい…

国際結婚してる皆さんには、起きてませんか?ルー大柴化

こたろうです。 ネパール人のアランも日本人のわたしも、ネイティブではないけど、共通言語は英語。出会った時から会話は基本的に英語です。 その弊害が・・・ ほんと、恥ずかしいんですよねえ、職場で出ちゃったとき。。 完全なバイリンガルは、脳の中が整…

「ウンチ 2,000円」事件

こたろうです。 アランは、とってもきっちりしています。まめまめしく、家計簿も記録。 しかもアナログに、手書きでノートに記録をとっています。 わたしはズボラなんで、非常に面倒に思っていますが記録しないと怒られます。。 1分くらいフリーズしました。…

太陽の日に当たりたいネパール人

こたろうです。 さっそくですが、ネパール首都カトマンズの標高ってどのくらいだと思いますか。 1,400メートルくらいです。 高いですよね。だからか、カトマンズでは日差しが日本よりもずっときつく感じます。 ネパールの人は、そんな強烈な日差しをアパート…

【在留資格認定証明書交付申請 そうまとめ】その2

こたろう(ΦωΦ)です。 配偶者ビザ手続き後半です。前半はこちら。前回気合を入れるべきと思われる「結婚の経緯」をご紹介しましたが、同じ質問書の「紹介者の有無」「夫婦間の会話で使われる言語」セクションと、提出についてご紹介。 www.araam-nepal.com 紹…

【配偶者ビザは最強の在留資格】

こたろうです。 もともと結婚願望のなかったアランとわたしですが、日本で一緒に住むためにはアランが配偶者ビザを取ってもらうのが近道だとわかったので、ここまでネパールと日本とで婚姻したのでした。 両国で婚姻を果たした今、最終目的の配偶者ビザ申請…

【在留資格認定証明書交付申請 総まとめ】その1 配偶者ビザ

去年の今頃、わたしは毎日、夫のアランの在留資格申請のための資料集め、作成を仕事のあとにやっていました。そして、あと半月でその更新手続きもやってきます。

人類みな兄弟のネパール

こたろうです。 ネパール人の夫といると、日本とネパールのカルチャーギャップで、 混乱することがよくある。。 これはネパール人と交流したことがある方なら、経験してるのでは?!という話です。 例えば、アランの友達を紹介してもらいます。 その友達がア…

感染症?!駅にたくさん人が倒れてる!

こたろうです。国際結婚したネパール人アランからは、わたしたち日本人が気づかない日本のことが学べます。 アラン来日二か月目の頃。友人の紹介で決まったレストランの仕事。 英語要員として外国人のお客様の多い朝シフトに入ることに。 6時オープンのホテ…

【第55話 日本の婚姻届けで失敗して、新宿区役所で泣いた】

こたろうです。ネパールで結婚後、日本で一人婚姻届けを出したわたしは、わたしたちの結婚までの道のりの中で、最大の間違いを犯してしまいました。 前回はこちらです。 www.araam-nepal.com ネパールの証明書はこの世に1枚だけ 新宿区役所で泣き落とし // …

【第54話 婚姻届けの書き方(日本版)完全版】

こたろうです。前回、区役所の人も国際結婚手続きをよくわかってないことがあるお話を紹介しましたが、 www.araam-nepal.com 区役所では、その後もえらい目に遭いました。。 が・・えらい目に遭った話の前に、結婚届けの書き方をご紹介しますね。 外国側で婚…

【第53話 国際結婚の手続きは役所の人もあいまいなので気を付けて!】

こたろうです。日本に戻ったわたしにはまだ一仕事ありました。 それは日本でアランと暮らすための配偶者ビザ申請。のための、日本での婚姻手続き。(この辺のことはこちらに詳細書いてます) 役所もよくわかってない?必要書類 日本での結婚手続きは、ネパー…

【婚姻には25日はネパール滞在が必要】結婚手続き実録 ネパール編

今回はネパール側での手続き奮闘です。あっちこっちの役場を行ったりきたり。しまいには警察に騙されるという・・・。

【第52回 結婚しに行ったネパールではベッドにずっといました】

こたろうです。前回、無事に結婚して結婚式も挙げて、一路日本へ戻りました。 www.araam-nepal.com カーマスートラ? 1か月にわたる食中毒 次はスプラッシュゲロに襲われる // カーマスートラ? ほぼ1か月ぶりの会社。 1か月ぶりにランチ仲間の同僚とお昼を…

【恋人を日本に呼び寄せるための短期滞在ビザはどうやって取得するのか】成功経験から教えます

先進国と違って途上国の人が日本に上陸して入国するのは想像以上に厳しいです!入管法が国会を賑わしていてタイムリーな話題かもしれないですが、短期滞在ビザを取得した経験から・・!

【第51回 写真が欲しくて結婚式】

こたろうです。やっと無事に入籍できたわたしたち。 この後、もう一仕事残っていました。それは、結婚式。 とにかく結婚式の写真が欲しい 写真だけのつもりが結婚式を挙げることに とにかく結婚式の写真が欲しい 帰国まであと3日しかなかったのですが、どう…

【ネパールの花嫁衣装サリー】ホワイトウェディングではない

こんにちは、こたろう(ΦωΦ)です。今日は、結婚にまつわる色お話です。 レッドウェディング 神聖な色、赤 喪服の白 // レッドウェディング ネパールで初めて結婚式を見たのは5年ほど前。ホテルの部屋の窓から隣接している広場を見下ろしていたら、何やら人が…

【第50回 ネパール警察にダマされた話】婚姻手続きで、ポリスレポート

こたろうです。有休ももらい、ネパールで結婚するためにネパールの地に再びわたしはおりたちました。ここから想像以上の困難が待ち受けていようとは知らずに。。 こちらに書いたような手続きを進めていったわたしたち。 www.araam-nepal.com ネパールの役所C…

【第49回 上司にで「今年一番驚いた!!」と叫ばれた】

こたろうです。 舌を噛みそうになる「婚姻要件具備証明書」も入手し、いざネパールへ旅立ったわたし。 結婚できるかどうか、不安な気持ちを抱えての5回目の旅でした。 「結婚式」と聞けば、普通ハッピー絶頂!だと思いますが、わたしの場合不安だった。それ…

【第48話 婚姻要件具備証明書って何よ?】

こたろうです。前回までで私たちは、両方の国で婚姻手続きをしなければいけないということが分かりネパールで先に結婚しようという話も決まりました。 www.araam-nepal.com そして、ネパールで結婚するならば、外国人であるわたしも、ネパールに行かなければ…

【ネパールとインドの違い】音楽編

// こたろうです。皆さんネパールと聞くと、インドと同じイメージをお持ちではないでしょうか? いえいえ、いろんなポイントでもちろん違います。 人の違いについては、こちらにまとめさせていただきましたけど・・・ www.araam-nepal.com 今回はミュージッ…

【第47話 国際結婚、どちらの国で結婚したらいいの?】

こたろうです。。 さて、たまたま知り合ったお客様である日本人女性でネパール人と結婚された人から、だいたいの手続きを聞くことができてラッキーだったわたしたちでした。 www.araam-nepal.com もともと「どっちの国で結婚しようか♫」という話に。 ? // ど…

【NHK『令和 未来会議 2020 ”開国論”』】外国人の受け入れは面倒くさいのか?

こたろう。 今日、NHKの『例話未来会議 2020 ”開国論”』を見て、外国人と暮らす日本人として思うところをぶつけたいと思います。 どっかの市役所のバカな意見に驚愕 日本人以外の思考を理解することが日本の成長 // どっかの市役所のバカな意見に驚愕 この番…

【第46話 結婚手続きが分からない!】

こたろうです。流れで婚約することになったわたしたち。親にもOKもらって、では、結婚どうしようかということになりました。 前回はこちら。 www.araam-nepal.com ネパールと日本とどっちで結婚する? 国際結婚の手続きがどこにも公開されていない? // ネパ…

【第45話 婚約指輪のカルチャーギャップ】

こたろうです。日本とネパールにはいろいろな文化の違いがありますが、西洋から入ってきた指輪の扱いまで違うとは驚きました。

【第44話 プロポーズを同時通訳】

ついにプロポーズを受けることになりました。でもなんだか、ドタバタ楽しいものでした。

【第43話 入国管理局で足留め。お隣は詐欺?】

羽田についているはずのアランと会うまでに3時間ほどかかりました・・。日本の入国は途上国の人に厳しいですね。

【第42話 家に泊まる話から婚約に】

ネパールから日本の短期滞在ビザが取れて、来日日程も確定。ネパール人彼のアランを実家につれて行こうと母に電話すると、母が不思議なことを言い出します。結果、わたしたちは婚約することになりました。