ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

3, 英語学習と国際結婚

こんにちは、こたろう(ΦωΦ)です。ネパール人男性とネットで知り合い国際結婚に至った経緯を書いています。今日は、そのきっかけになった英語について。

国際結婚する方法

わたしの夫が外国人と知ると多くの人が

 

「国際結婚!カッコイイですね!」

 

と言います。 国際結婚=ステキ ってイメージなんでしょうかね?

f:id:araam:20180805132824j:plain

わたし自身、自分が外国人と結婚することは想像もしていませんでした。実は結婚した今も実感がない。というか、ある意味、外国人とかなんとか意識していない、という表現が正しいかも?

 

ちなみに、外国人だけどアジア人ですよと伝えると、ちょっと残念な空気が漂うのはなんででしょうか・・・。

 

わたしの場合は英語学習から国際結婚への道が始まりました

わたしとアランの日常の会話は、英語です。アランの方がぺらぺらですが、わたしもまあまあできます。

わたしは留学経験や海外に長期滞在した経験はありません。 では、どうやって日常の英語程度はOKになったかというと

 

自前留学!

 

です。

 

この方法で、特に学校に行かずとも、TOIEC670くらいだったわたしが、800台まで伸びました。

 

 

独学で英語をマスターする方法 しかもお金をかけずに

 

平たく言えば、留学したかのように、英語に囲まれる環境を作る。

 

自分でコントロールできる範囲は全部英語にする。

会社での環境は自分ではどうにもできませんが、家の中の環境は自分次第。なので、家の中は基本英語。

 

 具体的には、

  • TVでは、ニュースはCNNやBBCを見る
  • TVで見る時、ドラマもスーパードラマTVとかで、海外、特にアメリカのドラマを見る。
  • 通勤時間はPodcastで、やっぱりCNNとか聞く

 ドラマは、「クリミナル・マインド」みたいな独特な世界が舞台のものではなくて、わたしが良く見るのは、古いですが「セックス・アンド・ザ・シティ」とか、「Lの世界」とか、日常が描かれたものがよいですね。

 

兎に角、例文を読み込む。英語は英語で覚える。

 

そして、コレ結構重要だと思います。

見ているだけではなく、ドラマを見ながら、会話の中の初耳単語をとにかくノートに書き落とす。そしてネイティブの使い方をいくつも見て、自然な使い方を覚えます。会話の中の初耳単語は、最初は、ものすごい量で、録画して何度も何度も戻って聞き取って、それっぽいスペルで書き落としました。

 

そして一日の終わりに、その単語を英英辞書で調べて、使い方を身に着けます。英英辞書にしたのは、間に日本語をかませないで、英語のまま頭の中で考えられる癖をつけるためにです。

 

ちなみに・・・わたしの愛用はこのサイト。

www.vocabulary.com

 

一般公開されている記事から、その単語が含まれた記事を集めてくれるので、ネイティブの使い方を見ることができます。

 

それで、どういうふうな文脈かも探れます。こうして耳を鳴らし、脳みそを鳴らし、ボキャブラリーを増やしまくりました。半年くらいでした。 

 

 

そして出会いのきっかけになるLanguage Exchange

そして、あとは各種国際系SNSに登録しました。目的は、チャットを英語でできるようになる。

コレも効果アリ。チャットって会話に近いんで、スピードが必要。

英語だけで考える訓練なる。

 

あとは、空いた時間に英語を使うための相手探しで、SNS。

 

登録したSNSを紹介します。

これ以外にも登録してたのあったのですけど、7年くらい経つうちになくなってしまったのか、見つかりませんでした。

 

Couchsurfing:これは実際日本に来た外国人と対面しちゃう系です。ローカルフードを教えてあげるとかいって、数時間紹介してあげるだけ。”家に泊めてあげる”なんていう大胆な使い方もあるようですが、わたしはさすがに泊めませんでした。

ちなみに、これで仲良くなった人(日本に来たとき案内とかしてあげた)、結構数年たっても交流が細く長くあります。


Penpal World:その名の通りペンパル探しのサイト。結構おじさんに恋人になってくれてきなメッセージをもらいました。こっちもオバサンだが・・。

 

The Mixxer : 記事を投稿するとネイティブが添削してくれたする親切なサイト。そこから交流がつながってチャットした人もいました。

 

こうして英語にまみれる生活を、半年以上徹底して送りました。

 

結果、今も、まあ、英語で日常は送れるようになっています。