ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

18, 金銭のやり取りで人柄を知ったネパールからの荷物

こんにちは、こたろう(ΦωΦ)です。ネパール人アランとネットで知り合い国際結婚に至った経緯を引き続き書きます。

 ネパールからのプレゼント

先にお金を支払ってほしいとアランに言われ、お願いしたネパールグッツと郵送費を現金送信サービスで支払いました。その後2週間くらいして、ネパールのアランからの荷物が届きました。

ちなみに、まだ100%信用していなかったので住所は会社にしたんです・・^^; なので会社に届きました。

 

日本では見ないような麻製の袋に包まれた大きな荷物が届いて、ちょっとびびりましたが、いそいそと開けると、お願いしたものがちゃんと入ってました。

ネパールのフェルト製品とニット製品。どれもカラフルでかわいかった!

f:id:araam:20180813204713j:plain

こんなかわいさ!

ですが、全部荷物を出してみると、頼んでいないTシャツが入っていました。

お釈迦様が悟りを開く瞬間でしょうか。ネパールっぽい!!


f:id:araam:20180815221434j:image

 

アラン、お願いしていないTシャツが入っていたよ?

 

聞くと、

 

○○君からのお礼だよ

わたしの寄付で煉瓦を購入してお家を直したお友達からのプレゼントでした。

 

(≧∇≦)

 

なんか国際交流って感じ!

 

ちなみに、アランはPenpal World で私以外に知り合いができており、そのアメリカ人の方からなども、送金で寄付があったらしいです。

みんな優しい。

 

こうしてちょっと疑いつつも、先払いした結果、ちゃんとお願いしたものが届いてプレゼントも入っていました。

 

お店を色々回って品物を選定し、交渉もしてくれ、多大な時間を費やしたのに手数料も取らなかったアラン。わたしとしては、この経験で彼をだいぶ信用するようになりました。

 

といっても、まだ詐欺の可能性は否定してイマセンでしたが。。

 

動いたココロ

ところで、最近になってわたしはアランに聞きました。

 

わたしのことを最初にイイナと思ったのは、いつ?

 

f:id:araam:20180815123150j:image

 

これは、いざ結婚することになり、在留資格申請をするときに、二人の交際について経緯を詳細に記載する必要ことがあって聞いたんですが、思っていなかった返事でした。

 

フェルト送ったとき、先に支払いをしてくれたときかな。会ったこともない僕を信用してくれているんだ、とても嬉しかった。 

 

そう、アランもわたしが先に送金したことで、この人は自分を信用してくれている、ということで、心が近づいていたそうです。金銭のやり取りって一般的には縁の切れ目と言いますけど、わたしたちの場合はお互いにお互いを信用するきっかけになっていたんです。

 

よいお金の使い方って、人間関係を良くするんだなーと、なんだか感動してしてしまいました。