ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

20, 思いがけないビデオプレゼントでネパール行きを決めた!

こんにちは、こたろう(ΦωΦ)です。

ネパール人とネットで知り合い国際結婚に至った経緯を書いています!

 

2015年4月のネパールの大地震をきっかけに、さらに親近感を持ち合うことになったわたしたち。

その後も、毎日のようにやりとりしてました。

 

アランはご家族と暮らしていたので、たまに、skypeにはお母さんやお姉さんも登場。

 

お姉さんカワイイ!

と一人盛り上がってました、わたし。

 

また、skypeでお互いの家から見えるカトマンズの風景、東京の風景を見せ合ってました。カトマンズの風景には、いつも鳥の声や子どもたちの笑い声が聞こえ、なんだかピースフル(•ө•)♡

 

地震の後、アランたちは郊外に引越しして、タメルという街のようにガヤガヤしていない、東京でいうと、武蔵境あたり?な感じの街だったので、緑が多い場所が印象的でした。

 

そんなある日

 

「コレ見てみて」

 

と興奮した感じでアランから、ビデオが送られてきました。

地味な絵のビデオ・・・

アランたちはアパートの4Fに住んでいましたが、ビデオは4Fの窓から下を見下ろしている絵で、下の階の窓が見えてました。

 

よく見てみるとその窓の外側の軒下に、なにやらいます。

 

それは

 

 

 

なんと・・・鳩のお母さんが、卵を温めている姿!

 

 

アランは、自分の家の窓から、下の窓枠の鳩の巣に向かって、毎日お米を鳩親子にやって餌付けをしていて、その餌を糧に?卵が生まれて、そして温め中!というところだそうでした。

 

 

・・・な、なんと素朴なの!!(*´∀`*)

f:id:araam:20180817195226j:plain

 

なんか、もう、やられちゃいましたよね、わたし。素朴なやさしいネパール人に。

 

 

 

汚れた東京のすさんだ生活 (そこまでか?!)

 

忙しいばかりの毎日

 

一触即発のラッシュ時間 山手線通勤

 

残業ばっかりの毎日

 

 

 

そんな毎日に疲れたわたしの気持ちを動かされました。

常々、「こたろうは、ネパールに来てみないの?」とアランやお姉さんにも言われていたけど、決められなかったココロが一気に加速。

 

 

行ってみちゃおう!ネパール!(/・ω・)/