ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

23, 旅行の準備~大荷物のわたしと、複雑な気持ちの出発直前のアランとのやり取り

こんにちは、こたろう(ΦωΦ)です。

初ネパールへの旅路について語ります。

 初めての最貧国への一人旅の荷物は大荷物に

さて、飛行機もタイ航空を予約し、ホテルも予約しました。荷物も2週間前くらいから色々考えながら詰め始めた。初めての最貧国、ちょっと緊張です。念のため念のためといろいろ詰めていった結果、すごい量の荷物になりました。。

 

日程としては土日はさんで1週間で9日ですが、相当な量に・・・。

1、スーツケース70L

2、バックパック30L

3、小さめリュック

 

一応、もしかして本当にイケメンかもしれないアランに会うので、おしゃれしたい気持ちもありましたが、

日本人

お金持ち

狙われやすい

 

とならないよう、持っている洋服の中でもっともボロボロのものを・・・。

もともと、あまりカジュアルラインを着ないので、旅行用にかなりカジュアル系をユニクロでそろえました。 

 

また、10月半ば、「東京の気温とほぼ同じだが、朝晩の気温差が大きい」とガイドブックに紹介されているカトマンズです。が、寒がりのわたし、暖かいものも持って行きたいっつことで、半袖からユニクロのダウンまで様々持って行ったため、荷物が増えた。

靴もボロ靴を。でも、それだけだと恥ずかしことになるかもしれないから、きれいなスニーカーも、入れました。

 

ネパールに行く準備

そして重要なトイレットペーパー。

 

これはガイドブックか何か見て、持って行かねば!とおもったのでした。9日間で2ロール持って行きました(なお、現地でも買えます。ただ、高いです)。芯を抜いて、つぶして荷物に詰めました。

 ※2015年当時は空港のトイレにもトイレットペーパーはなかったので、到着してトイレいったときに、持ってて良かったと思いましたが、現在は設置されている模様です。

ただ、出かけ先にあるようなトイレは無いことも多いので(観光客向けのレストランも無いことも多い)、持って行かずとも、現地調達はしておいたほうがいい気がします。

荷物にはS時フックを入れよう!

あと、とてもよかったのがS字フック。これも、どなたかのブログで読んで、なるほど!と思って持っていたのですが、

一人旅 >誰も一緒にトイレ行かない>荷物どうする?! というときにすっごい役立つ。海外のトイレは、荷物用のフックなんかドアに無いですから。マジお勧めです!!コレがなかったら、バックパックをしょった姿勢で座ったものの、起き上がれないと言う自体が発生していたに違いない。

 

あと、Wifiを持って行きました

また、ネパールでも形式的には使えるポケットWi-Fiも借りました。ホテルにあると書いてありましたが、心配で、自分のも持っていくことに。

なお、このWi-Fiですが、結局現地では半分くらい繋がりましたかね。借りる時も、Wi-Fiレンタル窓口の方が、

 

「ネパールみたいな(アクセスポイントの少ない、安定しない)ところですと、必ずつながるとは言い切れませんがよろしいですか?」

 

と言ってましたが、その通りでした。。(。-ω-)ノ

 

なお、カトマンズは、観光客向けカフェでは、フリーWi-Fiが提供されていますが、2015年当時はカトマンズも停電が頻繁で、大本が落ちてしまうという自体も頻発。結構な頻度で、お店のWiFiもつながりませんでした。

 

ホテルを下見してくれたアランにおびえる

さて、アランに会いに行くという目的にもかかわらず、まだ信頼しきっていない矛盾だらけのわたし。出発前まで、日程の確認やらホテルの確認やらをずいぶんしましたが、ホテルの名前を教えるのも警戒してすぐ教えなかったのです。(結局教えた。詳細はこちら

 

 

出発直前に話した時、アランがこう言いました。

 

「ホテル、安心して。受付の人もすごく親切そうだし、建物も丈夫そうだったよ。」

 

え?(ノ゚ρ゚)ノ

 

「ヒビも建物に入ってなかったから。」

 

 

「え?チェックしに行ってくれたの??」(ノ゚ρ゚)ノ

 

 

「うん。危ないホテルもあるからね。地震で壊れかけてるのに平気で泊めるところもあるから。」

 

 

(ノ゚ρ゚)ノ なんと!!

ホテルは、正直アランちからは非常に遠い。言ってみれば、アランちが新宿で、ホテルは横浜みたいな感じです。見に行ってくれるとは!!親切!!

 

感動する一方で

 

親切すぎてちょっと怖い。( ꒪⌓꒪)

 

そんな気もするのでした。複雑な気持ちのまま、旅立つわたしでした。