第16話【ネパールの空港はカオスだった】国際恋愛を始めるまで

こたろう(ΦωΦ)です。

前回、ついにネパール行きを具体化したところでした。そして、アランの親切心に感動。

と言いつつ、

まだ、実はホテルの人と組んで悪さをしないよね・・などと数パーセント疑っていました。 

www.araam-nepal.com

  

 

朝4時に起きて、電話をくれた

出発当日。

会社を定時で上がり、ダッシュで帰宅。再びダッシュでシャワーを浴びて、荷物とともに羽田国際航空へ。

AM0:20の深夜便で出発して、7時間。機内では眠れないまま、トランジットのタイにはAM5時前に到着。

 

空港は、がら~~~ん。(´・ω・`)

 

タイのスワンナプーム空港は成田よりも、ずっとずっとずっと大きいアジアのハブ空港でした。

 

でも、朝の5時前って空港も早朝モードなんですねえ。

 

チラホラしか人がいないので、物騒な気さえしました。 館内のお店も全部しまってるし。 

普通に早朝の街みたい。。物取りいませんように…

 

……。

 

タイに着いたら電話してね

 

出発前に、アランに言われていたけど・・

ネパールは今4時過ぎくらいだよね(゜゜)・・・さすがに早いよなぁ。

 

とりあえず、仮眠しよ。

その前にいったんスマホをチェック……と、空港のWi-Fiにつなぐと、Facebookのチャットが。

 

無事タイに着いた?

 

起きてたの?!

 

来てくれる人が起きてるのに、こちらだけ眠ってるなんてできないよ。

 

なんとも泣かせる優しいコトバ。


 

飛行機で眠れなかったとか、しばし、やり取りをして、また搭乗前、連絡することを約束しました。

 

5時間後の搭乗前(トランジット長い・・)にアランに電話。

するとお姉さんのニキータも電話口に来てくれて、

 

気を付けてね!

 

なんか、楽しいな。

オンラインで知り合って、ご家族とも仲良しに(軽く疑ってるが(^_^;))なるなんて、不思議〜。

 

 

   

 

ネパール国際空港はライトがついてなかった

タイからネパールのトリブバン国際空港までは、3時間ほど。

機中、「来ちゃったなあ!」 と興奮と不安。

 

 

 

そして、ついにネパールに到着! 

 

まずは、空港にビックリ。

デッキを降りて見えた建物は、国際空港とは思えない一階建てのこじんまりなもの。

 

そして、中に入ると・・・暗い! 館内、ライトが消えてる。。長蛇の列のイミグレーションを抜けると、これまたエスカレータ止まってるし....!

 

 

この頃、ネパールは停電が頻発。最近は、エスカレーターも動いています。

 

エスカレータを歩いて降りると、荷物受け取り場。ここも当然暗い。

そして、ものすごい人だかり!

人が多すぎて、ターンテーブルが見えねー!

 

ターンテーブルもカオス。

通常の預け荷物であるスーツケースなどバッグ系は少数派。

やたら大きなダンボール箱が回ってる。。どうも滞在先で購入した、電化製品やらを母国に持ち帰って来てるみたい。

 

ターンテーブルも、たまに止まったりしてるもんだから、全体、初めて見る光景…

 

ヒトと荷物にすっかり圧倒された。。

 

人だかりの後ろの方で、人と人の隙間からターンテーブルを覗いて待つ。

 

意外に早いタイミングで、わたしのスーツケースらしきものが出てきたのが見えた!

 

Excuse meと言いながら前に出ようと身体を動かしたら・・・

 

わたしの横にいたネパール人らしい男子が、わたしの先を行き、わたしのスーツケースに手をかけた!

 

「こらぁ!ぬすむなー!」

と怒ろうと思ったら、

 

「これ、君のでしょう?」と、わたしのスーツケースを取って渡してくれた。

 

すごい親切だったのね・・・ああ…ごめんなさい・・・

ネパール男性、女性に優しい人も多いみたいです。日本人の男性がとってくれた経験ないから、すごいうれしかった。

 

♪「幸先いいな」♪

いい気持ちになりながら、荷物をカートに乗せ、到着出口向かいました。

 

 

ついに、実物アランと対面です!!