ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

34, むしろアランのお姉さんが好き

こたろう(ΦωΦ)です。前回の続きです。アランとお付き合いする感じになったわたしでしたが・・・アランのご家族には、そんな感じではまだ紹介されていませんでした。

姉上ニキータと寝る

お付き合いっぽくなった日から4日ほど、アランがニキータお姉さんと同居のアパートに滞在させてもらいました。ですが、寝るときは、わたしはニキータ姉上と一緒の部屋で、アランは一人で台所で寝ました。

 

もともと、わたしは恋人としてご家族の前に登場したわけでもなかったので、二人で就寝するのは控えたわけです。

 

 ネパールでは結婚するまで、一線を超えないともきいていたし・・・(-ω-。)

 

ネパールの結婚事情

最近でこそ恋愛結婚も増えてるけど、お見合いが多そう。いまだに90%がお見合い結婚とも言われています。そして、結婚まで生娘と未経験男子であることが想定されているのです!

 

見合い結婚がほとんどなのは、多民族だったりカーストの存在だったりが関係しています。 つまり同じ民族やカーストでないと結婚させない親御さんも、まだまだ多いということ。

 

わたしの日本人の友人は、交際していたネパール男性のご家族に「交際はいいけど結婚は絶対に許さない」と言われたり、別の知人は、日本でお付き合いしていたネパール人彼に、付き合いスタート前に「1年後には、帰国して親の決めた人と結婚することになっているから」と、別れを宣告されてました。

 

 

ちなみに、その後、ネパール訪問二回目以降は、わたしは恋人として最初から登場しました。そして、堂々と?アランと同じ部屋で寝ました。

 

アランの家は、外国人(つまりむしろカースト外で、より許されない場合もあります)緩くてよかった。

 

……そう考えると……最初の滞在のときは、姉上はどう思ってたんだろ。(-ω-。)(-ω-。)

 

お姉さん効果

ところで、前回のトイレネタから、みなさんネパールの人はあまり清潔好きでないイメージを抱いたかもですが、そこはネパールも人それぞれ。

 

国民性で、衛生観念が低いわけではないと思います。アランもニキータもむしろわたしより、ずっとずっとキレイ好き。

 

掃除魔

掃除魔姉弟でした

例えば、わたしは、スーツケースとかすぐお店広げてしまう質で、今回の旅でも大荷物を広げて、アランの部屋を少々荒らしてました。 

 

 

でも、わたしとアランが外から戻ってくると、わたしの荷物が整理整頓され、立体的に積み上げられている(-_-;)

ニキータが片してくれちゃうんです、、、

 

 

最初は「弟彼女への軽い嫌がらせでは」(まだ、疑るわたし)と怯えましたが、本当にきれい好きらしく、いつもお家はピカピカ。お部屋も、台所も、トイレもできるところ(環境のせいじゃないところ)は、いっつもピカピカ。ちなみにこれ、ニキータの食器シリーズ。趣味がいい!

食器棚

わたしの食べるものも、すごい気を使ってくれ、外食時はこういうところで食べちゃだめ、とかお水も全部フィルターのを飲むように言ってくれたりと、わたしがお腹を壊さないように気を使ってくれます。

 

ちなみに綺麗だし、お料理もすごい上手。お嫁に欲しいくらい。

 

その後、ネパールにあしげく通った大きな理由のひとつに、彼女の手料理があったと言えましょう。

 

彼女は英語が話せないので、ときどきアランが間に入って、いろいろお喋りしてすっかり意気投合。

 

ニキータは、結婚は考えてないの?

 

わたしは1人で過ごす時間が好きなの。お料理して食べて、本を読んだりテレビを観てるとシアワセ。

 

わかるー。わたしも休日は、1人で散歩したりして過ごすの好き。

 

と、アラサー独身女子同士、国を超えてガールズトークに花を咲かせました。

 

優しいけど少々頼りないアランには、この姉上がいるから、ますます好感を抱くことになったのかも、とも思います。(・_・;) はじめはアランの妻疑惑などを抱きましたが、いまやニキータの方がアランより好きかもしれないくらい 笑

 

わたしが帰国後、こたろうと直接話をしたいから、と、英語を習い始めてくれたんです♡ 嬉しかったな。

 

嬉しかったなー。