ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

37, 日本への短期滞在ビザ申請 落とされた

こんにちは、こたろう(ΦωΦ)です。

さて、軽い感じにアランが日本に来てみれば、と提案し、盛り上がった流れでビザ申請をすることにしたわたしたちの話です。結論から言えば、ビザは下りませんでした。。

甘かった。振り返りながら書きます。

 

 日本人のネパールビザ申請

わたしたち日本人の海外旅行は、いまや、手続き的には難しいことはあまりないですよね。ビザが必要な国もあれど申請するのみ。ネパールも必要。

 

~ 手続きの流れ~

東京目黒にあるネパール大使館へ赴いて、または、郵送でパスポートと申請書で申請する。申請書には、目的、日程や宿泊予定場所などを書きます。

 

一週間以内くらいでビザスタンプの押されたパスポートをまた大使館で、または郵送でゲットする。

(詳細は大使館ホームページ、または、わたしにお尋ね頂いたらお伝えできます(*・∀・*))

 

と、非常にシンプル。

 ネパール人の日本滞在ビザ申請

でも、アラン曰く、アランの財政状態ではビザを取得するのは容易ではないということ。ということで、少し知ってるネパール人の方に相談したら「招待するといいよ」とのこと。

 

早速調べると、日本人が「招へい人」となって現地から呼ぶことを言ってるようです。

 

ということで外務省ページを調べました。


国によって招へいの方法が違うようだけど、中国、ロシア・CIS諸国・ジョージア、フィリピンとそれ以外の国籍だと手続きが違うみたい。

 必要な書類

ネパールなのでそれ以外ページに行き、こういった資料が必要ということがわかりました。

  1. 身元保証書と源泉徴収票 →「滞在時お金足りなくなったら、わたしが代わりに支払いますす」と記載。
  2. 招へい理由書 →「こういう理由でわたしが日本に招待します」という経緯を記載。
  3. 滞在予定表→〇月〇日にxxxに到着してから始まって、事細かに予定を記載。
  4. ついでに、二人が恋人とわかる写真

f:id:araam:20180910220429j:plain

今思えば、すべては、お金が足りないために不法滞在しないようにするための資料だと思うのですが、

 

プライバシー侵だと思います!

 

・・・・・o( ̄ー ̄;)ゞしかし仕方ない、いろいろ書きました。

 

基本全部手書き・・・フォーマットが決まっていてPDFなので・・(PDF編集ソフトなかった、この時)

 

身元保証書と源泉徴収票

身元保証人については、わたしが下記お金を払う能力があると証明すべく

  • 滞在費
  • 航空券代(つまり帰国旅費。)

 年収のわかる源泉徴収票を添付しました。

招へい理由書と滞在予定表

そして、一番困るのが招へい理由書

 

”恋人なので会いたい”これに尽きるんですよね。これ以上何を書けというのか!

 

 

なので、こんな感じのことを書きました。


”いついつ知り合って、わたしがネパールに行って会って交際してます。なので、今度は日本で会いたい。日本という国も知ってほしい”

 

しかし・・・なんかー、いろいろ余計なお世話だなあ・・・

繰り返しますが、プライバシーの侵害だわ・・・。。o( ̄ー ̄;)ゞ

 

滞在予定表は、いついつxx空港に到着、その後東京見物、実家訪問などを日程と共にてれてれっと記載しました。←悪い例です。

アランが先方の日本大使館に提出する(手持ち)

これらを揃えて、アランにファイルで送りました。

しかし、ズボラなわたしは、何度か間違ったファイルをアランに送り、

 

生年月日が1月1日ってなってるけど、違うよね?(=д= )

 

と叱られたり、、、、

 

これはなんて書いてあるんだ。全部説明して。僕も理解しておかないと(ーдー)

と、細部まで完璧にしたいアランに叱咤される日々が続きました。。

 

英語に訳して渡したりして面倒でしたorz

 


そうして、遂に完成した書類たち。

 

すべてをアランはこれを印刷し、パスポートを持って在ネパールの日本大使館へ提出しました。大使館の受付時間も短かったりして、これを調べるの事態、アランも難儀してました。いかんせん、情報が少なくて。

ビザのために面接

提出してから数日後、アランに「面接日」を伝える電話が大使館がから入りました。

 

面接?!

ビザ取るのに面接がいるんか

ゞ( ̄∇ ̄;)

 

なんだか社会勉強をしているような気持ちになったのを覚えています。

先進国に住むわたしたちのパスポートはなんと最強で、後進国の人たちは、まず疑われるのかと愕然。

超真面目のアラン。前日から極度の緊張の面持ち。。

そうはいっても、わたしは面接は形式的なものだと思ってました。

 

ただの形式よ。気楽にいっておいで('ー')

 

ジャケットを羽織り、アラン、いざ30分前に大使館に到着。

 

アランからは日本にいるわたしに「今から行ってくる」とFacebookにメッセージが入り、

 

1時間後くらいに「終わった」と完了メッセージが入りました。

 

 

どうだった?

 

んーー、なんか よくなかった気がする。。。

 

いいも悪いもないでしょー。招待するって言ってるんだし。

 

”付き合って数か月で、恋人が本当に日本に招待しますか?”、みたいなこと言われたよ。

 

 ; ̄ロ ̄)!!

却下でプライドずたずた

結果は10日後くらいに大使館で伝えられました。アランの恐れていたように、そして、先にお伝えしたように、却下。

f:id:araam:20180910220741j:plain

結構びっくりΣ(゚Å゚)しました。

日本人ってどこにいくにも、ほんと、楽ちんじゃないですか?

 

そんな世界に生きてきたわたしには、相手国の人から招待されても、断られることがあるのかぁっ(゜ロ゜)と衝撃が走りましたね。。

 

理由は明かされないため、わかりません。

 

実は友人に桜田門辺り勤務、ハイポジシヨン!がいたので、裏からよくある理由を探ろうとしたら、

理由がわかれば、そのコツを押さえた偽装ができるようになるから、シークレットらしいです。

 

ケチー(ToT)

 

アランが無職だったのが理由かもしれないですが、

 

だったら保証人って何なんだ

(っ-_-)っ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/araam/20181108/20181108150334.gif

 

 

人の年収まで提出させてサ、、、

 

ちなみにアランいわく、お金持ちの友人たちは、銀行の残高を証明してビザを取得してたりしてるとか。

 

まあ、お金持ちだからというより、ちゃんと支払って帰国する保証の高い人にビザを付与してるのですね、きっと。

 

なお、一度却下された場合、半年たたないと再申請はできないです。


「ま、わたしが行けばいいか、、しかし、むかつくなー(_д_)。o0○

 

と思うわたしに対し、アランは

 

人間否定された ッケ!!!

 

と無用に落ち込む日々が何日か続きました。

 

可哀そうっていうか、大使館さん、余計な悲しみを与えないでください~(  ̄っ ̄)と思いましたね。

 

 

なお、一年半後に、再び同ビザを申請することになります。。ガンバれ、わたしたち!