ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

41, 恋人としてネパール再訪【番外編】役に立ったものの紹介と…幸先のよい始まり?

こんにちは、こたろうです。2016年2月の2回目のアランとの逢引?の始まりを振り返ります。ついでに、、ネパールに行く時持っていったら役立ったものを追加ご紹介。

1回目の教訓にした荷物

さて、ポカラに行く予定も立ててネパールに、また一人で向かいました。今回は多めに2週間お休みをとったどー!日本の会社員では最長ではないでしょうか。


2回目、しかも1回目から半年以内なので、旅路は慣れたものって感じで、1回目ネパールで苦労したこと対策をきちんと立てていきました。

 

1、お風呂

今回は特に2月ですから前回よりずっと寒い。バケツにお湯を張ってかぶるという機会はなるべく少なくするため、ホテル半分以上予定。

といっても、ついてすぐはアラン家滞在。よって、3日に一回しか全身を洗えないでしょう・・・髪の毛も。

 

 

「5時間近いトランジット中に、タイのホテルショートステイみたいな感じで浴びたりできないのか!」@_@:

 

 

血眼になって探したら・・・タイの空港内にシャワーが!!涙!感涙! ステキだよ!スワンナプーム国際空港!(こちらに紹介してます)

【朗報】タイ空港でシャワーを浴びることができます - ネパールのこといろいろ


ここで待ち時間に浴びれば、ついてから2日くらいは我慢できる・・・・。

2、帽子とマスク

カトマンズ市内は、正直、空気がPM2.5的な・・・。ひどい埃です。乾燥してるし、舗装していない道がまだまだあるし、バイクはすごいしってことでしょう。


髪の毛を毎日洗えないなら、帽子をかぶって埃をせめて避けたい!そして、喉から風邪を良く引くので、マスクを多めに20枚!

3、水が無くても洗えるシャンプーと手ぬぐい

1のお風呂対策に続く。ロングヘアだったので気になって。。これを持って行きました。刺激もなく、肌が弱いわたしも大丈夫でした。髪にスプレーしてタオルで拭き取る方式です。

ただ、このためにタオル使うのもったいない(洗濯できないし頻繁に)。 でも、手ぬぐいなら、手洗いしてすぐ乾く!と言うことで手拭もこちらで買って、持って行きました。

 

4、スリッパ

初回気づいたのですが、ネパールのホテルにスリッパがなかった。わたしが止まったのは5000円以上の部屋なので、安くないホテルですが無かったです。

シャワー上がりに靴を履くのがいやなので、100キンで購入。

5.Wifi

1回目と同じくWifiを借りていきました。アランの家のWifiは良く止まるし、何かあったら(まだ信頼しきってないw)日本にすぐ自力で連絡ができるように。

 

すべて、なんだか潔癖さとヒトを信じない猜疑心の強さを表すこの追加アイテム・・・。

 

ま、まあ、仕方ない、軽い潔癖、そして警戒心強いの事実だから。

 


他にも、家族の皆さんやアランにお土産を買い・・この場合、お母さんには、アランにも相談しつつ、お香をお土産にしました。

ネパールのあまーいお香とは違う、日本の渋いけど甘い白檀の箱入り。

お料理好きおニキータ姉さんには、英語で書かれた日本料理クッキングブック。

 

いざ、ネパールへ!空港で嬉しいサプライズ!と嬉しいがずっこけた花束

いざ、また、タイ航空で単身ネパールへ!

 

しかし、トランジット後のタイで飛行機に乗ってから、?1時間ほど出発しない・・・。結果、到着も1時間ほど遅れました。飛行機内だから連絡するすべも無く。

 


「アラン・・・いるよねえ」

 

 

不安な気持ち少し。

 

1回目と変わらず、ネパールの空港はチケット保持者以外、入館禁止なので出迎えも入ることができず、空港の外で待つ必要があります。

 

初回訪問時は、アランはタクシーの運ちゃんにお金払って、運ちゃんのランセンスで空港内に入って待っててくれた。


今回もそうしてくれてたとしても、1時間も中に入って待ってられないだろう・・・。

 

案の定、空港の中の出口には居なかったので、外に出て、見回しました。

荷物が多すぎてウロウロ動けないから、とりあえずキョロキョロ・・・・

 

 

おっ!いました!

 

アランが駆け寄ってきた。

 

「アラン!」(〃´ω`〃)

 

「こたろう!」φ(´∀`●)

 

と、軽くハグ。

f:id:araam:20180923164830j:plain

 

「はいっ」(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧


とアランがくれた、その花束。

本当なら、外国人彼っぽいそのお出迎え(空港で花束!)

 

のはずが・・・

 

 

孔雀の羽みたいな扇状の花束のせいかお、お供えのお花みたいだぞ・・・・・・・・お花がランとかだからか・・・。

 

しっ、渋いぜ!!!

 

(しかも1時間暑い中待っててくれたので、全お花がしおれていた・・)

 


「あ、ありがとう! 飛行機が遅れたのよー。遅くなりました。」

 


「ちょっと心配した。」

 

 

と、話してると

 

お嬢さん、タクシーに乗らない?」と背後から声をかけられた。「いや、ローカルのヒトと話してんだから不要に決まってローが!」と思って振り向いたら、

既婚の方のお姉さんのラクシュミの旦那さん、つまり義理のお兄さんがニコニコして立ってました。

 

「おお!ハロー!」

 

 

「ナマスティ」 ^^

 

 

アランが「タクシー予約できなくて、おにいさんの会社の車をチャーターしたんだよ」

 

なるほど。お兄さんも来てくれたんだ!

このお兄さん、明るくて前向きで、働き者の上、奥さんのラクシュミも姪っ子ちゃん二人にも非常に優しく、男の鏡って感じで大好きです。

 

前回、わたしが帰国した後、二人の姉上たちに

「こたろうとの関係は?」

 

と詰め寄られたアランは、恋人だと伝えており、それで義理のお兄さんも熱烈歓迎なのかな?……と、ひとりごちていると………

 

 

コソッ・・・(◍•ᴗ•◍)ゝ

 

 

すると、今度はお兄さんの背後から

かわいくて仕方ない姪っ子ちゃんも登場!! 一緒に迎えに来てくれてた。

 

うれし~~!!!

 

いい訪問になりそうだな☆ と その時は思っていたのでした・・・・・・・・・・・