ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

42, カトマンズからポカラに移動 バスは来ないし寒いし、やっぱりネパールだ!

こんにちは、こたろう(ΦωΦ)です。アランとの再会のネパール再訪は楽しくもほろ苦い旅となりました。ポカラまで行くときのお話です。

バスに乗るまで寒さとの勝負

まず、お姉さんのニキータとアランが暮らすカトマンズのアラン宅に数日お世話になりました。

今回、わたしはアランの恋人として登場したわけですが、ニキータは前回と変わらず同じように歓迎してくれました。(^^)

 

わたしの大好きなオクラのカレーを、また作ってくれた。美味しかった。(*>∇<)ノ カレーだけでなく、せっかくだからネパール固有のお料理をと色々作ってくれます。

 

美味しい食事に恵まれる2日間アラン宅で過ごしつつ、ダルバールスクエア近くの、アラン知人経営の旅行会社でポカラまでの朝7時発の長距離(6時間・・・)バスチケットを購入。

 

バス停はアラン宅から歩いて15分のところにありました。

が、出発の朝は、慎重なアランの提案(指示?)により6時前に家を出ました。

f:id:araam:20180925223409j:plain

町はまだ朝もや(いや、ホコリかも、、)の中。歩いて、バス停に到着。といっても、バスターミナルみたいなものはなく、ただ、小さいお店が並ぶ大通り沿いで、立って待つ。

 

アランがいなければ、ここがバス停って分からない場所(^_^;)↓

f:id:araam:20180925223531j:plain

 

「こたろうは石垣のその辺に座ってていいよ。僕は道でバス来ないか見張ってる?から。リュックも僕持ってるよ。」

 

と、やさしいアランが大荷物のリュックを持ってくれました。(*゚ー゚) でも、座ろうにも、、、、寒い。 カトマンズの2月は東京より暖かいとはいえ、早朝です。外は寒い。日本の場合、早朝でもコンビニが開いてるけど、ここはカトマンズ。籠るところもない。

 

とりあえず、珍しい朝の町の風景を眺めて自分をごまかす。

皆、お店の開店準備で、お店前を掃き掃除したりして忙しそう。もう、通学、通勤途中らしき人々も沢山歩いてます。

 

それでも寒さがごまかせなくなってきて、わたしは飛び跳ねて、身体を温めるという原始的な手法に打って出た。

びっくりするアラン 笑

 

「動けばあったかくなるから!!」(* ̄∇ ̄)

 

の言葉に、

 

「お、おす」( ̄▽ ̄;)

 

みたいな戸惑いの回答でしたが、気にせずジャンプを続けるわたし。!寒いんだもん!!

トイレに行きたい・・・

寒いもんだから、今度はトイレに行きたくなってきた・・・。アランに言うと、目の前のお茶屋さんで借りるといいと言う。入り口を見るからに(ドアはない)ちーさなちーさなお茶屋さん。

f:id:araam:20180925235837j:image

タダで借りるのも悪いのでと、入口に立つなり、わたしは

 

「チヤ一つください」(チヤ=お茶)

 

と言ってしまった。

 

言ってからお店を見回すと、想像以上に超ローカル仕様。お店の中自体も床も無く(土)、ガス台には1つコンロがあるだけで、椅子やテーブルも、こういっては失礼だが、清潔感はない。。お店のオジちゃんも、なんというかローカル仕様。。お鍋でチヤを沸かしてグラスに注いでくれた・・・



ハテ、、超ローカルのこれ、飲んで大丈夫なのかあたし

( ・◇・)?

 

でも、オジちゃんが「はいよっ」って、手渡ししてくれたのを、捨てるわけにもいかず・・・恐々、すこ~~~~しだけ飲んでお返しして

 

「トイレ貸してください」

 

といってみた。

「そこだよ」と指差してくれたのは、お店の外の小さな小屋。大きさ的には、仮説トイレの背丈はもっと低い者のような感じで。木造です。隙間見えてる木造です。。

 

入ってみる。

 

ううむ。(´-ω-`)

 

意外にも、和式の形をしているが、これまた難易度が高い。。地べたは相変わらず土で、便器的なものが、コンクリートみたいな。そしてちーーーさい。。

選択肢はないので、、小さい方の用を足す(トイレットペーパはもちろん持参で入りました)。

 

ちょ、ちょっとした緊張感だった・・・。と疲弊しつつ、オジちゃんに

 

「ありがとう」

 

といって、アランのところに戻りました。

そしてバスは来ない

出発時間7時になっても、バスは現れる気配なし・・・コラコラどういうことだ。 

 

「ちょっと確認してくるよ」

 

 

さすがに不安になったアランが、見に行って5分ほど帰ってこず。「あ!帰ってきた」・・と思ったら戻ってくるや、叫ぶ。

 

 

「あっちだ!走って!」

 

  渋滞で遅れた上に、ずっと先に止まってたらしい。ひー!_φ(TдT )

 

無事バスに乗り込んで、一安心。な、なんかバスに乗るまでで、体力消耗したな・・・・。

 

そこからまた六時間なわけですが、カトマンズを出るまでは、道のホコリがひどく、バスの中に居てもマスクが必要な大通りをぬけていきました。

そしてバスの中もなかなか引き続き寒い。。。あきらめホッカイロを腿に、左右それぞれ貼りました(冷え性で)

 

途中で、日本で言う「道の駅」的な青空市場?で30分ほど、2回止まりました。

f:id:araam:20180925231947j:plain

2つ目の方では、ビュッフェみたいなのがあったのだけど、ここでおなかを壊してはいけないと自制し、手をつけず。食べてみたかったな~。

 ポカラにやっと到着!!でも。。

6時間後・・・やっとポカラのターミナルでバスに到着。

ここはターミナルっぽいていうか、一応、囲いのあるスペースでしたね。で、そこを出てタクシーで、いざお母様のところへ!

 

の予定が、

 

タクシーすべてに乗車拒否される、またはふっかけてくるらしい。外国人のわたしがいることによって、どうやら高値を要求してくるらしい。

 

あ、ネパールのタクシーは値段は要交渉です、難易度高し。

 

しばし、わたしはアランから離れて他人のフリをして、5車以上アタックしてやっとゲット!!これでやっとお母さんのところに向かうことができました。ここですでに20分くらいロス。。( ´△`)

 

幸先よさそうだった今回のアランと初めてのランデブー(•ө•)♡。思ったよりちょいちょい苦労するな・・・と少し不安になり始めていたのでした。