ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

46, 予防接種、旅行者下痢には効かず・・・早朝アランをたたき起こす

こんにちは、こたろう(ΦωΦ)です。

三連休の皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?東京はまるで夏でしたね。。

さてポカラからカトマンズへの帰途のバスの中で、気持ち悪くなったわたしのところから、お話再開させていただきます。

 そうはいっても感覚が合うし頼りになるアラン

カトマンズへ戻る前日のお昼過ぎ、バス停はすぐそこだよとホテルのレセプション君に教えてもらいました。

わたしは、こう見えて?慎重派なのでできれば朝イチでバスに乗るなら乗り場を確認したいと思うタチ。でも、レセプショニストに「本当に直ぐそこだよと」と言われたので、アランは大丈夫だよと言うかもな、、と思っていたらアランの方から、「散歩がてら、バス停を確認しよう?」と提案が。

 

こういう感覚がアランと近いのは、お付き合いする上で大切よね~・・・と思うのでした。

 

アランに「わたしもこういうの下見しないと、嫌なタチなんだ。気が合うよねぇ・・」としみじみ言うと、「えーそっか うれしいね。僕も絶対下見しないで、とかイヤだな」と嬉しい返事。そうしてポカラの晩は、翌早朝の出発に備えて早寝しました。

 

出発のバスは7時台。

 

朝真っ暗な中(停電だからです)、朝ごはんをホテルでもらって昨日下見したバス停へ向かいました。バス停につくとその場で、チケット売りっぽいオジサンにチケットを買う必要がありますが、またアランは値段交渉。なんというかスマートな交渉の会話(なに言ってるかはわかりませんが、口調が穏やか)

 

「こういうところも頼りになるよね~」

 

と思いながら眺めるわたし。

 

そしてチケットもリーズナブルに購入し、無事バスに乗り込み長距離バスは出発。行きと同じネパール版道の駅みたいなところに2回止まって、カトマンズに向かいます。数時間後、家のがたくさん見えてきて、空気がホコリっぽくなってきた辺りからカトマンズが近いことが分かってきた。

 

が、、わたしは「なんか、おなかが気持ち悪い」

 

「疲れたのかな?家に着いたら昼寝しようね」

 

 

なんてアランと話していたのもつかの間、バスを降りる頃には、九の字の姿勢になりながら歩く始末。。家につく頃には、もう露骨な吐き気をもようしてました。

ロマンチックなアランと頼れるお姉さん

アランは、大食漢のわたしが、長旅でおなかが空き過ぎたのでは?と思ったみたいで、ネパールのラーメン「ちょーめん」を作ってくれますが、珍しく食欲わかず、食べることができませんでした。

 

「なんか果物なら食べたいかも・・・」

とつぶやくと、アランがすぐ近所の果物屋さんへ飛んでってくれました。

 

 

買ってきてから10分くらいキッチンにこもってるアラン。

ベッドでぐったりしていると、フルーツプレートみたいなものを作ってくれました。この期に及んで?ロマンチックに飾りつけしてくれたのがコレ。

f:id:araam:20181008144910j:plain

日本ではお高いザクロは、現地では庶民の果物。そのザクロおバナナに飾り付けてくれました。その上、お花もどこかで入手して飾ってくれた。

 

「わ~すてき!頂きます~」

 

お金はかかっていなくっても、女子はこういうの嬉しいですよね?(ですよね?w)

 

 

なんかコレなら食べれたわたし。でも食べた後はまたベッドに寝転がってました。そこへお姉さんのニキータがいつもより早い時間に、仕事から戻ってきました。どうやらアランが連絡したらしい。

「いったいポカラで何食べたの?」ニキータに聞かれて、「アランがなんかローカルなレストランに連れてかれらんだけど、ライスビールが怪しかった」と言ったら、ニキータ姉貴激怒。

  

 

不衛生なとろこに、なんでコタロウを連れて行くの!しかもライスビール!自家製のお酒なんか、わたしだって飲まないのに! 怒」

 

 

 

アラン 「・・・・・」無言を貫く。

 

 

「まったく!!しかも果物はお腹痛いときだめよ!」

 

 

とニキータは怒りながら、薬になるハーブを煎じてくれました。やっぱりニキータ姉さん、頼りになるぜ!!

ところが不運なことに、ニキータはこの頃繁忙期で、職場に戻らないとならないとか。。キャリアウーマンは大変だなってところで、わたしを心配して一回戻ってきたららしい。ねーちゃん、ありがとう(年下だけど) ネパールバージョンの甘いおかゆを作ってくれ、また職場に戻るニキータ。アランと二人、早めに寝床に着きました。

3つも予防接種受けたのにw

しかし、1時間おきにトイレにいくサイクルが始まり、おちおち寝ておられん状態に。。こんな下痢ピーの嵐、生まれて初めてで、ちょっと怖くなりました。。イケナイ菌におかされているのではないだろうか!と。

  

ネパールに初回来る時、3つ予防接種を受けました。

  • 破傷風
  • 肝炎
  • 腸チフス

f:id:araam:20181008160008j:plain

 でも、それを打ち負かす菌に冒されたのでは? だってライスビールだもの・・・怖すぎたあの色。

 

 

 

夜中のうちに下痢は毎30分になって、それが朝の4時まで続きました。寝られないし、つらい。そして怖い。

 

 

あまりのエンドレス下痢ピーの恐怖に耐えかねたわたしは、寝ているアランを揺り起こして、

 

 

「救急に連れて行って。もう毎30分下痢ピーしてます。これは異常だ」