ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

追い込まれた婚活で得るものはない?

bvdこんにちは、こたろうです。

前回、わたしの恋愛、結婚観について少し触れさせていただいたついでに、現在もしかして婚活中の方が居れば、共感していただけるのではと思い、書かせて頂きます(^_^)

専業主婦以上、大黒柱未満 希望

 

これ、わたしがアラサーのときの結婚観。

 

細かく言えば

”腰掛け以上で働くけど、大黒柱には旦那さんがなってくれて、でもそれなりに会社員としてのプライドは保てる程度に働いてます”を実現してくれる男性が理想。

 

専業主婦には、なれといわれてもなりたくなかったので、ボチボチ働きたかった。

正直、アラサーの頃の結婚観のままだったら、アランとは結婚に至らなかったと思います。

 

f:id:araam:20181011231446j:plain

 

このときの結婚相手のイメージは、こんな感じ。これ皆さんも同じではないでしょうか?

  • 自分より収入高し
  • 背も自分より高し
  • 学歴もできれば自分以上

 

ちなみに、下記はnewポストセブンの記事引用ですが……

「女性には今の自分が最低ラインと考えて、男性に自分より上を求める『ステップアップ思考』があります。身長は自分より高くて学歴も年収も自分と同じかそれ以上を願う。

 

わたしの希望はまさにそのままでしたね。

 

なんで、そう思うのか理由は分かりません。が、女性の収入、身長が自分より高いパターンを嫌がる男性が多いから、そう思うようになるのかなー?

 

親に言われて婚活

30前に長かった彼と別れた後、親にお見合いするように言われ、実際数人お見合いしましたし、お見合いクラブにも高い入会金払って入会しました。

 

が、理想のヒトには見つかりませんでした。

 

何度かはお申し込み頂きもしましたが 

  • 手がむちむちしてキモい
  • 耳毛が出ててキモい
  • 気が利かなくて嫌だ

そんな理由でお断りしてました。(^_^;)

 

 

親には「結婚に追い込まれてないから」そんなことで断るのだ、と非難されました。

「結婚に追い込まれる」とはどういう意味なのか?( ´Α`)

 
f:id:araam:20181027192641j:image

母は結婚が目的で、恋をするのが目的ではない、ことを指していたのだと思います。たしかに、わたしは大黒柱を探しているのであり、恋する相手ではない。

でも、会って少しでも恋心(•ө•)♡が抱ける予想ができないと、次に会うモチベーションはゼロになりますよね?

 

 

お見合いで恋に堕ちる、ドラマみたいなことも稀にあると思いますが、稀なのではないだろうか。。

でも、この考え方も、こちらのブログで語らせていただいていますが、今の世の中の恋愛至上主義の賜物ですよね〜。迷惑だわ。。

恋愛至上主義の日本とお見合い文化のネパールの結婚 - ネパールのこといろいろ

 

恋したい気持ちが先に来ていた原因は、わたしは結婚したい!からではなく、年頃になれば結婚するのが世の常だから結婚しなければと思っていたからだと思います。

 

しかも、女が大黒柱になるなんて知ってるシナリオには自分の中にありませんから、「食べさせてくれる人と結婚しなくては!」と思ってたんですよね。

 

30過ぎのアラサーのときは、切迫感も無く、「やっぱり恋しないと結婚する気になれないわ」と余裕こいて、形式的な”婚活”はいったん休止しました。

マイノリティ問題で婚活再開

しかしアラフォーの域に近づくと名付けて、独身マイノリティ問題!が発生。つまり、独身でいることが本格的にマイノリティになってきたんです。実際、これは精神的に結構ツライ。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/araam/20181108/20181108150334.gif?changed=1541657022

わたしは(国内ではレベルで)誰もが知る有名大学卒、また、東京在住なので、世間全般に比べれば、身近には割に独身の女性友人がたくさんいました。

しかし会社や地元の友人などと会うときは、独身は確実に少数派になってきます。そんなときは、既婚者の話に入れず、

ものすごい疎外感。半ベソで帰宅したこともありました。

 

年を1つずつとるごとに、疎外感に加えて、”自分はダメな女”、いわゆる「負け犬」感が増してきますから。。徐々に、本気で焦り始めました。そして、また、婚活的なことを再開。

 

マッチングサイトやお見合いクラブに再入会し、何かサイトで見た「仕事のように会うことをこなすこと」、数うチャ当たる!というキャッチフレーズをココロに、断られても傷つかないよう心がけ、勢力的に数ヶ月活動しました。

 

でも、断られても傷つかない、なんて不可能なんですよね。。

だって

  • ステキな人に断られれば、普通にガックリ。
  • 「会ってやるか」くらいに思っていた相手に断られると、むしろもっと悲しい。

 

一度、お見合いパーティなるものに行った時は、キレイな20代と思しき女性がわんさか居て、もうそれだけで戦意喪失。完全に壁の花と化した2時間でした。。。つらかった。。

 

 

そう、婚活なるものは、続ければ続けるほど、気持ちが追い込まれます。まさに先に母に言われた「追い込まれた」状態になったわけです。アラフォーでやっと。

もともとマニア受けする傾向のわたしは、多勢に受けるため、結婚相手としてよいと思われるだろう女性像に近づくため、ファッションも性格もチェンジ。一般ウケを狙い変身したんです。

追い込まれ状態って本当に辛い。まさに気持ちは崖っぷち。

 

 ついに現る?

でも、追い込まれたおかげか、ついにわたしは出会いました。

  • 自分よりずっとずっと収入高し
  • 背も自分より高しっていうか、高身長
  • 学歴もできれば自分以上→高くないが、まあ、許せる

こんな彼を。

大黒柱になってくれそうなのに、恋できる男性を。きっかけは会社の知人の紹介です。

f:id:araam:20181011231814j:plain

 

奇跡だ・・・・・・・・感涙

 

 

そう思いました。

 

 

しかーし 結論からお伝えすると、そいつは、モラハラ男だったんです。お付き合いの結果、ヨレヨレになりました。

初期にその兆候を見たのに、崖っぷちすぎて、見えないフリというか、わたしの対応方法がいけないのかも??とDV被害者の典型的な考え方を取り入れ、がんばっちゃったんですよね。

婚活で得たもの

オリジナルのわたしであれば、そんな風にもならなかったはず。でも、一般ウケ系女子に変身中のわたしは、そんなことになってしまった。

 

無事別れることができましたが、やっとそこで「結婚がしたい」んではない、世間に負けただけったと。

 

だいたい「結婚できない」って、まるで能力がないみたいに聞こえるのが、女性たちを追い込むのではないでしょうか。

 

思うに、本当に「結婚」だけがしたいなら、誰でもできると思います。でも、「自分がステキと思うヒトと結婚」であれば、それはやっぱり年をとるほど”できなくなる”、でも、それは確率的にです。

 

独身男性という母集団が減る時点から難しくなるわけで、女性として魅力がないとか何とかではない、確率的にもう難しくなるんです。

 

 

結婚自体には興味がないから、独身です。」

 

 

と堂々と言ってはいけないんでしょうか?

 

わたしは、追い込まれた婚活の結果のモラハラ被害のおかげでそれでいいと思えるようになりました。

 

ありがとうモラハラ野郎。

バカ野郎、結婚制度ー!