ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

55, アランの職場の話

こたろう(ΦωΦ)です。アランの新しいお仕事のそのあとです。

 

カトマンズのラッシュアワーはスゴイ。クルマとバイクは接触寸前。

わたしたち日本人、特に東京在住はラッシュと言えば日本だ東京だと思ってますよね。確かに、よくモミクチャにされます。

 

でも、カトマンズもなかなか。

 

アランがその頃住んでいたのはタメルの中心。アラン宅が東京駅あたりなら、パタンは藤沢くらい?のイメージ。

何を言いたいかと言うと、遠いってことです(^_^;)

片道2時間弱。地理関係の分かるヒトなら、毎日通ってるの?!って驚く。

 

距離もなかなかですが、カトマンズのラッシュアワーの道の混みっぷりがすごい。


f:id:araam:20181031224557j:image

まず、バイク。バイク、バイク、バイク、バイク!そこを超えてもバイク、バイク、バイク!その脇をクルマ、クルマ、クルマ。

 

この写真は正直、ラッシュアワーではないもの。手元にラッシュのときのがなくて残念。。

 

ラッシュのときはとくに、タクシーに乗っていて窓から見えるバイクが本当に近いんです。護衛?くらい…。

ヨーロッパの道も狭いとバイクとクルマ近いワ…と思ったことがあるけど、そんなもんじゃぁない。

いやー、バイカーもドライバーも腕が良い。よくぶつからないね!(゜ロ゜)といつも思います。

 

ま、そんな混みっプリの上、道は整備されていない、信号はない(あるけど、点灯してない)のて、さらに混んでます。

さらにアランの性格上、通勤がさらに難儀に

かくして、アランの通勤時間は二時間近くに、、。

電車はなくバスなので時間が読めないし、バスも混んでて乗るのタイヘンだから、朝は朝で、多めに時間を見る。アランは几帳面だから20分前には着いておきたいとかで益々早めに。

 

夜は夜で、、やはり難儀。

 

ネパールでは、カトマンズという都会でも夜8時半を過ぎたあたりから、道には人もまばら。野犬もウヨウヨしてるし、男性一人でも安心して歩くことはできません。

 

f:id:araam:20180825220823j:plain

なのでAM9時スタートのPM6時半上がりだけど、AM7時に出てPM8時前に帰るくらい。日本人ですか!!?(* ̄∇ ̄)ノってくらいの勤勉さ。

日本人の仕事っプリ

仕事とはというと、お店番はもちろんします。特には英語担当。

他のスタッフは英語がだめみたいで、英語が必要になるとアランが出ていく。お店はパタンのど真ん中にいるので、日本人の旅行者だけじゃなく、欧米の旅行者も結構来ます。そんなとき、アランが出ていってお相手させていただくそうです。

 

ホテルでのベルボーイの経験がいきてよかった!

 

また唯一の男手ということで、仕入れにも店長と連れだっていく。検品手続きも伝授頂きました。

 

ネパールは日本より品質が低いので、しっかり検品して、ダメ出しを納入者さんにする。

というか、日本がクオリティにうるさ過ぎ、というのが私見です。。
ピッカピカのロボットが作った、どれもおなじー!より、ちょっとずつ違う手作り感ある方がわたしは好きです。

 ということで、色々な仕事をさせて頂いたようです。また、オーナーの方の完璧なまでの仕事っぷりに感銘を受けたようで、すぐにファンになる始末、というか、

オーナーのきっちりとした日本の仕事ぶりのファンになりました。

最初はトイレ掃除にご立腹だったアランだけどさ!

 ほーら、だから最初試されてるんだよっていったでしょ!わたしの会社員としてのカンは正しかった!