【外国人と海外遠距離恋愛を成功させる!】

こたろう(ΦωΦ)です!

外国人と交際してみたいと思っている方の中には「遠距離に自信がない」と思っている方、多いのではないでしょうか?ネットで出会った外国人と結婚したわたしから、海外遠距離恋愛に大事なこと、教えさせていただこうと思います。

 

その1)密なコミュニケーション

外国人との恋愛に限らないですが、遠距離恋愛に一番欠かせないのはコミュニケーションですね。

わたしは2014年冬にLanguage Exchangeでアランと出会いましたが、結婚する2018年まで、ほぼ毎日ビデオチャットをしていました。この密なコミュニケーションによって、わたしとアランは海外遠距離恋愛をうまく維持できていたということは、以前こちらの記事でご紹介しています。

これが同じ日本の、まあ週末に会えるヒトなら、毎日は文字チャットくらいで、わざわざビデオチャットしないです(よね。だいたいは)から、遠距離恋愛がゆえですね。

 

また、週末はお互い時間を確保して、長くビデオチャットをするように心がけていました。

そこで障壁となったのは、この二つでした。

障害その1)時間の確保

正直、結構、毎日のビデオチャットのための時間捻出が難しかった。 

 

わたしが帰宅するのは確実に8時くらい。そこから軽くご飯食べ、お皿を片付けて、シャワーを浴びて髪の毛を乾かしたり洗濯したりすると、10時半くらいになります。

 

そして、本来は、寝るまでの1時間半くらいぼーっとしたい。あまりPCやスマホの画面は見たくない。でも、チャットの時間が来ます。

 

最初のころこそ、「ああ話したい」と思いますが、毎日となってくると辛い日もありました。でも、お互いに「コミュニケーションをとることが、わたしたちの関係を保つ」と心に強く決めて、もはや仕事のように頑張りました。

f:id:araam:20181104215122j:plain

障害その2)時差

ネパールと日本の時差はラッキーなことに3時間半くらい。

なので、アランが仕事から帰宅してビデオチャット始められるのが、日本の11時前くらい。本来はわたしは寝たい頃です。

 

過去、アメリカ人とお付き合いしたこともあるのですが、そのときは、わたしが出勤前、彼が帰宅後に話しました。

二人が普通に起きていられる時間帯を確認して、調整することで乗り切りましょう。

 

    

その2)チャットバリエーションをつけてとにかく続ける

日常のの細かいこと、気持ちを伝える

毎日に話していた内容は、今日何があったか。

  • ランチに何を食べたか
  • 仕事でこういう問題があった
  • 友達と出かけてこういう話をした

とかですね。かなり細かいことも共有して、お互いの友人は会ったことがなくても、会ったことがあるかのように知っていました。

またお互いが何を感じたかを話すことで、国や文化などのギャップを超えることにつながります。

マンネリ化を防ぐ

でも、じきに、話すこともないときも出てきます。

そうすると、ビデオチャットで見つめあうだけの無の時間になってしまうんですよね。それがしらけてしまうので、ビデオチャット自体が 重荷になってしまいます。

 

それは避けなければいけませんね。

 

わたしの場合は、話すことがない時は・・趣味でよく踊っていたフィットネスダンスを、カメラの前で踊って披露しましたw

 

それが、こちら!男性ケイレブを中心に、ジョーダン、ブリアの3人のオリジナルダンス動画です。アメリカン。

www.youtube.com

 

コレを踊ること30分とかで、ビデオチャットの時間を費やしました。ハハハ・・。

 

アランも最初、熱心に?見てたけど、次第に見飽きたのか、彼も彼でわたしが踊ってる間は、何か別のことしていたっぽい。本当に同じ部屋にいるカップル的な感じですね。

 

それは、それで同じ場所にいるカップルのような疑似体験でよかったです。

 

こうして続けること2年半で、結婚に至りました。

 

皆さんも頑張ってください!