ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

わたしたちの人物紹介~日本の芸能人でイケメンなら阿部 寛

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/araam/20181027/20181027223304.jpg 

こたろうです。皆様いつもありがとうございます。

わたくしごとのお話をさせていただいていますが、56話まできたので、改めて人物紹介させていただきます。

 

タイトル:太っておくれ

f:id:araam:20181104181013j:image

 

ちなみに、タイトルの阿部ちゃんは、最近アランがやっと日本人のイケメンを見つけたっていうから、テレビを見たら阿部 寛でした・・・濃い。

 

 では、わたしのことから~~。 

f:id:araam:20181104184848p:plain

東京在住40代。

  • 仕事:転々とした結果、ここ10年ほどは都内のグローバル企業で社内SE職。
  • 性格:もともと理屈っぽいのにシステム職についた結果、拍車が掛かる。仕事とプライベートのON、OFFが極端。OFFのときはサザエさんのようなそそっかしさで、自分でも将来が心配。
  • 趣味:インドア派で音楽、映画鑑賞。最近、感度が弱っているのか、ドキュメンタリー映画じゃないと入り込めない自分に危機感を感じている。あとは、The Fitness Marshall - YouTubeで踊ること!
  • アランとの出会い:お金をかけずに英語習得しようと登録したPenpal Worldで、”カッコイイアジア人が居る♪”と気軽にアランにメッセージを送ったのが出会いのきっかけ。何があるか分かりませんね。
  • アランの第一印象:細い。←マッチョが好き。
  • アランとの生活:片付けが苦手で、キレイ好きのアランと同居したら部屋がドンドンキレイになっていくことに日々ワクワクしている。
  • アランとの生活で困っていること:食が細いアランが日本に来てから痩せたこと。マッチョというか多少デブな方だ好きだし、もっとアランに食べてほしいと思って夕食をきっちり作って(一人暮らし中は納豆とお豆腐くらいにしていた)食べさせているうちに、自分が太るというジレンマに陥っている。

 

f:id:araam:20181104184553p:plain

カトマンズ出身のネパール人。こたろうより5歳以上年下。

  • 仕事:20代半ばくらいから10年ほどアブダビの5つ星ホテルでベルボーイ。その後は、自分のスパイス屋、そして日本人が店長のパタンのお土産屋さんに2年ほど勤める。
  • 兄弟構成:姉二人。長女ララクシュミと次女ニキータ。ニキータはネパールのキャリアウーマン。
  • 性格:親戚の中にも数人しか男性がいない女系に育ったせいか、女性が怖いことを良く分かっており、女性に怒られるのにも耐性が強い。
  • ココロ持ち: やさしいことには友人や家族にも定評がある。友人からは「ココロ持ち」といわれる名誉を受ける(サブタイトルにしています。この話はこちらどうぞ!2, kokoro持ち の意味 - ネットで出会い、ネパール人と国際結婚 ちなみにこれを表現したネパールの友人の感性すごい!)
  • 趣味:完全なアウトドア派。山、自然が大好き。早く富士山に登りたい。
  • こたろうとの出会い:ホテル職では公用語が英語だったがネパール帰国後、話す機会が減ったため、他国の人と交流しようと登録したPenpal Worldで、こたろうからメッセージが届いたので答えた。よもや結婚するとは想像していなかった。
  • こたろうとの生活:こたろうが意外にお料理をするので驚いているが、自分も日々お料理勉強中。ネパール製のカレーが日々上手になっていく自分が誇らしい。
  • 日本での生活で驚いたこと:日本のテレビは食べ物の話ばかりしている。レストランの紹介のような、お金もかからない楽な仕事ばかりしている日本のテレビ業界に苦言を呈したい。
  • 日本の男性芸能人について:チョコレート顔、つまり、甘いかわいい顔の男性が多すぎるが、やっと最近イケメンを見つけた。それは阿部 寛。

 

ということで、引き続きよろしくお願いいたします^^ 

 

この後、二人の交際自体はまあまあ順調なんですが、両親の説得や手続きなどの困難が待ち受けています・・。

 

まだまだお付き合いいただけると嬉しいです。