【郊外のゴダワリにワンデイトリップ】カトマンズの喧騒とは違うネパール観光

こたろう(ΦωΦ)です。

今回は、カトマンズ旅行のときに時間があればぜひ寄ってみてほしい郊外の村「ゴダワリ」のご紹介です。

 

 こんな緑の美しい農村です!

f:id:araam:20181107124803j:plain

 

 

 

 

カトマンズとパタンの喧騒からエスケープ

東京や大阪に比べたら都会と呼ぶには少し違うかもしれないのですけど、ネパールのカトマンズやパタンといった観光のメッカは、大都会。

バイクがバンバン通ってて、人通りも多く、喧噪と呼ぶに等しい場所だと思います。

ネパール観光

カトマンズの風景

4日くらいその中を観光していると、喧噪を離れたくなる日もきっとあると思います。

そんな時におすすめなのが、ゴダワリのゴダムチャウル。ゴダワリ市の農村部でのんびり過ごせます。

ゴダワリには植物園もあります。

パタンのラガンケルでバスに乗ります

カトマンズ市内から、南東へ約15キロブルチョウキ山のふもとにある静かな村ゴダワリへは、パタンのラガンケルというところでマイクロバスに乗り換えて向かう車一時間くらい。

バスターミナルも素朴なネパール・・

Godamchaurはここです。Godawariはもう少し南側にあります。

是非バスからの風景も楽しんでください。一般家庭の家が並ぶ通りを通るので、ヤギや牛などもバスの中から、たくさん見ることができて楽しいです!

 

バス停の周りにはローカルのお茶屋さん

バス停を降りるとお茶屋さんがあって、地元民たちがのんびりと時間を過ごしていました。

godavari

地元の人の憩いの場所みたいでした

鶏が闊歩していて、とても平和です~。

ゴダワリ

野良鶏・・・?

そこから森に向かって歩いていくと、木々の間からきれいな畑が見えてきます。

日本と同じで稲田です。

赤い洋服が多いので緑に映えてキレイ

ローカルの農家のお宅にお邪魔

バス停から木々の中を歩いていくと・・・こちらは農家さんの家畜小屋。

土製。唐辛子は魔よけではなく、食用です!

 

 

納屋もなんかカワイイ

 

小屋を覗くとヤギたちが。

あっちも覗いてた!w

目が合ったw

農家のお庭にはヒンドゥー教の手作り祭壇があります。

日本のお地蔵さんみたいですね。

f:id:araam:20181107132555j:plain

わたしが見たヒンドゥー教の祭壇は、赤い色が使われているのですけど、これはピンクでなんかガーリーで可愛い。

 

農家のおばさん、笑顔で写真に応じてくれました。

頭から荷物掛けるんですね

 まとめ

紹介したものの、なかなかバス停から農村に単独で入っていくのは難易度が高いかもしれないです。

ご興味がある方はご連絡いただければ、現地でこの村に詳しい日本人の知人を紹介しますので、ぜひお寄せくださいね。

 

 blog.araam-nepal.com