【犬も食わぬ夫婦喧嘩:後半】わたしたちの日常

こたろうです!ケンカの続きです。前半はこちらです。ただの怒鳴りあいですけど

www.araam-nepal.com

 

 犬も食わぬ激しいバトルにけじめのつかないまま、とりあえず床についたのだけど、頭に来て眠れなくて、怒りのまま、隣の部屋で寝てるアランにFBのメッセージを打つ。

 

 

今日はなんだったわけ?わたしは何一つ理解できなかった。ただ、文句をいろいろと言われただけだった気がする。アタマにくるよ!

 

その後も眠れなくて、

あー、こういう時はベッドで頑張らず、別の部屋に移動した方がいいって何かでいってたなあ・・・

 

ということで、居間へ。テレビをつけると飛行士のリンドバーグのドキュメンタリーがやっていた。

 

英雄リンドバーグ。

第二次世界大戦の後の晩年は自然保護活動などに勤しんだとか。というのも、広島の惨劇を目の当たりにし、文明の向かっている方向が間違ってると、目覚めたからでした。

 

という話を1時間ばかり見ていたら

 

マジで、今日のわたしたち生命の無駄遣いだなー。とはいえ、まだ納得できない。

当分、口を聞きたくない…

 

と思いながら、ベッドに戻りました。

 

 

気づくと目覚ましが鳴ってました。

 

 

アランは床におらず、居間にもいない。

でも朝にタイマーをセットしておいた洗濯物が途中まで干してあり、一部床に落ちてる。

 

わたしが起きてきたのを察して、出ていったような様子。

 

、、、、

 

スマホを見ると、アランからメッセージに返事が。

 

今日は天気もよく清々しい。この清々しさを台無しにしないようにしよう。よい一日を。

 

喧嘩の後は、いつも謝ってくるのにこんなメッセージしてくるなんて、珍しく本当に頭に来てるのかも。。でもわたしも頭来てるしね!!

 

 

仕事中も、時々思い出しては、怒りを抱いてました。

 

 夜・・・どう対応しようか・・・

 

あー、今日、会社帰りに歯医者さんの予約を揃ってしていた!

 

アランに

 

歯医者集合で

 

とメッセージ

 

その道すがら、

「僕が日本で働いてくのは無理だ。こたろうもネパール行こうよ」って言ってたな…しばらくネパールに帰省したらどうかな。。

 

悶々とネパールに返すことを考えていたら、不意に、最後にネパールを訪ねたときの記憶が急によみがえってきた・・・・

 

 

あの時は3週間、結婚手続きのため滞在していて、

 

でも、トイレ事情が合わなくてつらく、そしたらひどい食中毒にもなっちゃって、、、つらかったなー。

 

 

そのうちスパイスのにおいを嗅ぐだけで気持ち悪くなるようになって、、。結婚手続きは進まないし、、。

ニキータ姉さんが急に「結婚するからアランは準備手伝って」と言い出すし、わたしたちに意地悪してるような気になったら、ネパールごと何もかもストレスになっちゃって

 

 

兎にも角にも、早く日本に帰りたかったなー。

ネパールを出たときホッとしたな〜

 

あれ?!

 

アランは今、、、あんな感じの気持ちなんだとすれば・・・・ 

 

すごいつらいかも。。。

 

アランは自分のネパールの生活を全部おいて、わたしと一緒に住むために日本に来てくれたんだった。。

年取ってからの異国。イライラ、フラストレーションが溜まることもあるはず。。友達もいないし、頼れるのもすべて言えるのもわたしだけなんだよな・・・

 

悪いことをしたーーーーーーーーー!

 

 

時々忘れてしまう、大事なこと。

だれか芸能人が言ってました。

大切なものっていうのは、だいたいもろい存在。だから、大切に、大切に、ていねいにしないと、もろいからすぐ壊れる。そのことを覚えておかないと、大切なものは簡単に失ってしまうって。