ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

カトマンズのオススメ観光スポット スワヤンブナート寺院

こたろう(ΦωΦ)です。今日はネパールの首都カトマンズで行くべき観光地のうちの一つを夫のアランから、ご紹介します!アランのご紹介はこちらです。

www.araam-nepal.com

   

スワヤンブナート寺院

ナマステ!

今回ご紹介したいのはネパール最古のチベット仏教の寺院、スワヤンブナート。通称「モンキーテンプル」。

 

最古…とは、なんと二千年!歴史あります。

 

仏塔やドルジェなど、代表的な仏教シンボルを見ることが出来ますよ。

f:id:araam:20190226201516j:image

 

カトマンズを一望

寺院はカトマンズ中心部から西へ約3キロほど行った、カトマンズ盆地の中央に位置する小高い丘の上にあります。

 

まずは、お釈迦様が迎えてくれる入り口から、石段を登って寺院に向かいます。

 

スワヤンブナートとは、「崇高な樹」という意味です。その名の通り、この丘は樹木が茂っています。

木々が生い茂ってます

木々が生い茂ってます

365の階段を上がらないといけません。長くて途中で疲れちゃいそうですが、途中、猿が迎えてくれるときも。このお寺、猿たちのお寺ということでモンキーテンプルと呼ばれているんです。

 

さあ、あとちょっと!

 

この手前の左手に料金を支払う場所があります。

ドルジェ

見えてきました!

これだけ高いので頂上からはカトマンズが一望出来ますよ。

街を一望

街を一望

ドルジェ

ドルジェの乗っている台に描かれている動物はこの寺の守り神の猿たちです。

ドルジェが見えてきます

ドルジェが見えてきます

ドルジェはチベット仏教寺院の入口に必ずある開運アイテム。近づくと結構大きいです。迫力!

黄金に輝くドルジェ

黄金に輝くドルジェ

どんな煩悩も砕いてくれる、ダイヤモンドのように強いもののシンボルです。詳細はこちらをお読みいただければと思います。

www.araam-nepal.com

ブッダアイのストゥーパ

階段を登りきってドルジェを後にすると、まず圧倒されるのはこの仏塔(ストゥーパ)。青空に映えて美しいです。

 

高さは15m。

 

なかなかの迫力。ストゥーパの周りを時計周りに回ることで功徳が得られると言われます。

ブッダアイ(仏陀眼)

ブッダアイ(仏陀眼)

四面にブッダアイが描かれているストゥーパ。どの方向からもカトマンズを見渡しているようです。

 

ブッダアイは、一見コミカルにも見えるかもしれないですが、森羅万象のすべてを神通力。悟りの眼です。詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

www.araam-nepal.com

ちなみに、目と目の間にあるのは鼻ではなく、「エク」。ネパール語の数字の1です。

マニ車

大きなストゥーパの周りは、マニ車がたくさん。

f:id:araam:20190302072635j:plain

マニ車は回転させた数だけ経を唱えるのと同じ功徳があると言われており、地元の巡礼者が一日中絶えません。

そう、スワヤンブナートは、外国人には観光地ですが、地元の仏教徒には大事な寺院です。たくさんの人が訪れるんですよ。

 

ちょっと下ったところには、こんな巨大マニ車もあります。回すことができるので、こちらも時計回りに回してみてください! 

巨大なマニ車

巨大なマニ車にはマントラが書いてあります

 

ヒンズー教のシンボルも

このお寺は、小さな仏塔のコンプレックスになっています。階段を登ってきた方向から左手に行くと、こうして並ぶいくつもの塔があります。

 

小さな寺院

小さな寺院も

実は写真奥の石塔と手前の二重屋根の建物はヒンドゥー教の建物です。

 

ここは、仏教の寺院のはずですが、これ、ネパールではよくあること。

日本の新仏混合と同じように、ネパールはヒンズー仏混合な寺院が多いです。

 

 

ここでは写真はないのですが、ガネーシャ像もあったりして、ヒンズー教のシンボルもたくさん見ることができるんですよ。

 

お土産屋さんもありますので立ち寄って見てください。

子物好きにはたまらないはず

子物好きにはたまらないはず

モンキーなテンプル!

ストゥーパの裏側に回ると、猿がお供えものをくすねてたりします。

お供え物を狙う猿

お供え物を・・・

猿たちは人を怖がらないし、目が合わないように気をつけた方がよいです。視線が合うと攻撃されかねません!

リラックス中の猿

リラックス中の猿

五色の旗タルチョー

寺院の中は、タルチョーと呼ばれる仏教の旗があちらこちらにはためいています。青・白・赤・緑・黄の五色。

風にふかれてお経が運ばれるようにと願いが込められているんですよ。

 

f:id:araam:20190226201242j:image


また、小さいですが、寺院にはお釈迦様のいる池があります。コイン投げしてみてください。

池にはやっぱりコインを投げる人たちがいます

池にはコインがたくさん

ふもとのお寺

登ってきたのとは反対側から帰ると、ふもとに大きな仏像があります。こちらも寄ってみましょう。個人的なおすすめは、このお寺にある巨木。

黄金の仏像

黄金の仏像

 この木!すごいでしょ?

ありがたい

ありがたみがあります

 

いかがでしたか?僕は実は以前、この寺院の近所に住んでいたので、よく散歩に行ってました。

繁華街のタメルから歩いても30分強くらいです。本当に見どころ盛りだくさんな場所ですので、是非訪れてみてください!