【カフェインの成分はコカインと同じ?!中毒の危険性】クラフトボス・ティーをきっかけに調べてみました

皆さんはコーヒーは1日何杯飲みますか?

わたしは、以前は4杯くらい飲んでました。健康上、1日3~4杯までが適量と知ってますか?

その理由はカフェイン・・ということを、コーヒーのことを調べていてたどり着いたので、共有させていただきます!

?

 

カフェインは・・コカインの成分と同じもの

カフェインはコーヒー豆、茶葉、カカオ豆、ガラナなど天然に 含まれている食品成分の一つ。

 

具体的には「アルカロイド」という聞き覚えのない化学成分。

 

この成分は植物が持つもので、窒素を含む塩基性化合物の総称。そしてなんと、ニコチン、コカインもその仲間だそうです。アルカロイド自体は

苦みを持ち、もともとは 植物が昆虫に食べられないようにするために作られた物 質のひとつと考えられています。

植物の知恵!面白いですねー。

 

一時世間をにぎわしたコカインは、コカの木に含まれるアルカロイドなんだそうです。

 

カフェインは食品だけじゃなくて薬品でもある

わたしたちが日常このカフェインを口にする機会はいろいろあります。

コーヒーだけでなく、お茶やチョコレート、ココア。そして食品添加物(苦味料)としても清涼飲料水などに含まれています。

 

 

f:id:araam:20190728141307p:plain

コーヒー

 

カフェインには中枢神経を興奮させる効果があり、これが覚醒につながります。

この覚醒作用、倦怠感の抑制、そこからの頭痛の緩和作用によって、風邪薬の配合成分にもなってます。実は、カフェインは日本薬局法に登録された薬物です。

 

 

また、最近では、眠気防止のエナジードリンクなどでも、カフェインは身近な成分。

わたしも、徹夜で資料を作るときなんかに飲んだエナジードリンクのビンに書いてあったのを覚えてます。

 

合法の覚醒剤”なんという呼称もあるみたい・・ちょっと怖い。

 

 

カフェイン中毒って?

覚醒剤と言われると・・・

 

中毒

 

という言葉すぐ思いつきますよね。

 

「カフェイン中毒」という言葉も、半分冗談めかして使うことがありますが、実は本気のカフェイン中毒が社会問題の一つとして近年注目されてるそうです。

 

その原因は、若者の間のエナジードリンク流行。

 

気軽にエナジードリンクを、頻繁に、継続的に飲むようになって、そこからカフェインに頼るようになって、錠剤のカフェインを過剰に飲むようになって中毒になる。

 

厚生労働省や農林水産省もカフェインの過剰摂取について、注意喚起を発しています。

エナジードリンクを多用して死亡した男性について、解剖を担当した医者がカフェイン中毒死と判断したとの報道がありました。この件が示すように、特定の栄養・機能成分を添加した食品や飲料の過剰摂取には注意が必要です。

(引用:農林水産省)

中毒になると嘔吐を繰り返したり、めまいが止まらなくなったりするそうです。

   

最適なコーヒーの飲み方

でも、適切なコーヒー摂取は健康な体づくりによいとの情報も・・

コーヒーは、適切に摂取すれば、がんを抑えるなど、死亡リスクが減少する効果があるという科学的データも知られています

ほかの食品にも含まれるカフェインですが、カップ1杯当たりの含有量を見るとコーヒーが一番多いとのことで、これも農林水産省などから適量目安が出されています。

 

世界保健機関(WHO)によれば、コーヒーなら1日3~4杯が目安。妊婦の方は2杯。

ちなみに、安全なカフェインという意味味で言えば、エナジードリンクなら1日1本。

 

   

サントリーの「クラフトボス・ティー」

松たか子のキレのあるダンスのCM

そもそもコーヒーのことを調べたのは、実は「クラフトボス・ティー」のCMがきっかけでした。松たか子と、名前のわからない女のコ・・が出ているCM。

 

何が気になるかというと、松たか子のダンスの上手さ!大した動きをしてないのに、キレがあり、ダンスの上手さが伺え、興味津々!

 

www.youtube.com

で、気づいたら、この飲み物

「コーヒーのBOSS」と言っていたBOSSが、紅茶を売り出しているではないか!

コーヒー業界衰退なのか? 

 

と思ってコーヒーのことを調べてみて、今回に至ったのでした。

 

ちなみに、コーヒー業界衰退、とまではいっていないようですが、コーヒーを飲まないユーザの取り込みが目的であるのは確かみたいです。

 

ペットボトルコーヒー「クラフトコーヒー」

2017年に発売されたペットボトルコーヒー「クラフトコーヒー」がどうやらきっかけみたいですね。この発売の背景には、缶コーヒー業界の壁があったようです。

 

缶コーヒーは男性、とくに中年男性が、健康飲料のように、グビグビ!と、飲むイメージがありますよね。

 そこで、コーヒーのファン層拡大のため、製造元のサントリーがゆっくり時間を掛けて飲むタイプのコーヒーを作り、コーヒー好きな女性や若者にアピールできるコーヒー飲料として売り出したのがクラフトコーヒーだったわけです。

 

この作戦は大成功。コンビニのコーヒーなどに押され気味だったコーヒー飲料でしたが、新たなファン層も獲得!

 

今回、緑茶やジャスミン茶ユーザーなどコーヒーが好きではない消費者をさらに取り込むために、新たなブランドを展開した、ということのようです。

 デカフェといってカフェインを取り除いた飲み物が人気を博していることが背景みたいです。

 

カフェイン中毒もいれば、カフェイン離れもいるのね…。

 

バッハも夢中にさせたコーヒー

ちなみにコーヒーの歴史をちょっと調べて見てびっくり・・

(引用:ネスレ)

コーヒー(現在の形態の飲料として)の起源は13世紀とされています。エチオピアで始まったコーヒー豆を煎って粉にして飲む風習がアラビア諸国に伝わり、コーヒー豆の名前として有名なイエメンのモカ港からコーヒーがたくさん積み出されました。
 ヨーロッパでは17世紀、イギリスのロイズ保険組合や証券取引所がコーヒーハウスからスタートしています。
18世紀にはバッハが「コーヒーカンタータ」を作曲。

 

 

www.youtube.com

 

あ~~~、な〜んておいしいの〜、コーヒーおいしいぃいいい~~♫ って感じなんでしょうかね・・

 

ネパールのヒマラヤンコーヒーもありますよ

f:id:araam:20190728141859p:plain

ヒマラヤの麓で育てられるコーヒーのお味は・・

最後に、、ネパールにもコーヒーがあります。アジアのコーヒーの宝石💎なんて呼ばれる貴重な、完全オーガニックのコーヒー。

農薬ゼロ。完全手作業で育てられてます。

ヒマラヤ産コーヒーが世界中で人気 ネパール農家の新たな収入源に (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)www.sankeibiz.jp

 

現地の収入の支えにもなりますので、お好きな方は、ぜひ!!

 

こちらの団体などはフェアトレードでコーヒーを扱っておられます。

人気商品:ネパール産コーヒー | シャプラニール=市民による海外協力の会www.shaplaneer.org

 

以上、松たか子のダンスをトリガーにコーヒーとカフェインについてでしたが…美味しいコーヒー。健康的に飲みたいですね!

 

読んでいただきありがとうございます!

  ?