ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

毎日カレーを食べるの?ネパールの食べ物

こんばんは、こたろう(ノ*ФωФ)ノです。今日は日本人の国民食とも言えるカレーの、ネパールにおける立ち位置を紹介したいと思います。

ネパール絵画のお店

ネパール人は毎日カレーを食べる?

何年か前に、日曜日の夜あたりにやっている番組で、

インド人は毎日カレーを食べるのか、現地でインタビューしていてみよう!というのをやってました。

 「実際、インドのどこかの街で聞いてみると、やっぱり毎日カレーだった!!飽きないのか?!」みたいな流れです。その頃、インドやネパールの知識のなかったわたしの頭の中では、こんなカレーのイメージ映像が流れてましたね。

f:id:araam:20180827220422j:plain

 いや、ちょっと待って!この映像、日本のカレーです。  (`(エ)´)ノ_

そもそも、インドやネパールで、「カレー」というコトバの定義は、このイメージ画像と同じでしょうか? そう、そもそも「カレー」の定義とはなんでしょうか? 

例えば、わたしたち日本人は「昨日もカレーでさぁ」と耳にしたら、脳内には脊髄反射的に入ってくるのは、この画像のような「カレー」の映像と匂いではないでしょうか。

 

この日本のカレーって「甘め」「辛め」などの種類はいくつもあるものの、匂いは皆「カレールー」の匂いですよね。食べ物の大きな要素は匂いですから、この「The 日本のカレールー」の味が毎日なら、飽きると思います、カレー大好きなわたしも。

 

でも、わたしの見たネパールのカレーの匂いは、「各種スパイス」なんですよね。しかもそれぞれの配分で、さまざまな匂いのカレーが出来上がる。結果、味も大きく違ってきます。

カルダモンが多かったり、クミンを使ったり、使わなかったりジンジャーが多かったりお肉を先に揚げたり、揚げずに煮込んだり色々ですよ! なので「カレー」って一言で言っても、本当にバリエーションに富んでいるんです!

f:id:araam:20180827204317j:image

f:id:araam:20180827191206j:image

f:id:araam:20180827204355j:image

 上記、ローカルカレーたちを見てお分かりになったでしょうか?

…………

はっきり、言いましょう(大げさ)

ネパールのカレーは日本のお惣菜である!

これが、わたしの見解です。ハイ。(・_・)

 

日本のお惣菜の味付けってだいたい、お醤油、みりん、だし、お砂糖で出来上がっていて、これらのの分量の違いで味のバリエーションを出しますよね。この調味料が→スパイスに置き換わったのがネパールのカレーなんです、わたしの見てる限り。

spices

ネパールではスパイスがあちこちで売ってます

 

ちなみに、外国人の知り合いに、日本の料理は何でも醤油味で飽きた、と言われたことがあります。そう言われるとバリエーションでいうと、日本の家庭料理の方が少ないかも??

われら日本人はお醤油は空気のように食べますが、あの匂いに慣れていないと、お醤油!として存在感があるんですかね。

 

と言うことで、結論

 

日本人が毎日何かしらのお惣菜を食べるようにネパールの人は「カレー」を毎日食べています!

ちなみに、ネパール語ではカレーを「タルカリ」と言います。

わたしのお気に入りは、オクラのタルカリです!ネパールのオクラの方が大きくて食べごたえがあります。(^_^ゞ