【ガイドブックにないオールド・ドバイ散策ルート。ローカルのお勧めレストランもご紹介】ドバイ・アブダビの旅第2弾

こたろうです。

前回に引き続きドバイ・アブダビをご紹介したいと思います。

1回目でアル・シーフを終わらせたつもりが、もっと紹介したいスポットが・・ということで、引き続きオールド・ドバイエリアをめぐる夕方から夜にかけてのルートをご紹介します!

www.araam-nepal.com

 

   

 

美しいモスクAli Ibn Abi Tailb Mosqueを眺める

青いタイルの美しいローカルのモスクを見つけました。

イスラム教徒ではないので中に入ることはできませんが、外から見ているだけでうっとり。1回目にご紹介したアル・ファヒーディ歴史地区から西側に少し行った裏路地にあります。

 

カオスのバル・ドバイ・スークから川沿いへ抜ける

ここから裏路地を川沿いへ抜けると古いスークがあります。上の地図だとAntique and art dubaiがある方を目指します。

 

スークは、市場という意味のようですが、小さいごちゃごちゃした雑貨屋さんが並んでいます。ショールやTシャツなどを扱うお店が多かったですね。

 

こういうのが好きな人にはドンピシャだと思います!(わたし大好き)

 このスークを川側に抜けたところに、なぜか、こんな子が・・・・怖いよ!笑

 

 川沿いは船が行きかっていて、夕方から夜にかけてはムードがありますよ。

 

アラブ料理を頂く

日が落ちた後、川沿いの方から地図上にDiwanとある大きなモスクの方へ戻ってきて美術館を横切ります。

突き当たった大きな通り(Al Fahidi Street)を左に曲がって、歩いていきます。

すると左手が輝いている一角が・・・・・

Arabian Tea Houseというネオンです。

ここは大手さんみたいです。HPも立派です。

 

でもわたしが勧めたいのは、お隣のLocal House Restaurantです。こちらも入口はいい感じ。

室内はローカルな雰囲気で、いいですね。派手過ぎずという感じ。清潔です。

アラブ特有のパセリとザクロのサラダがおいしかったですぅ!

 

ローカルの洋服屋さんや靴屋さんで買い物

レストランから、また町中の方(Al Seefと逆側)の方に戻ると、ローカルの衣料店が多く並んでいます。

普通のTシャツや靴下なども日本からすると激安なので、つい日常衣料品を買い込んでしまいました。。

ヘアスタイルがロックなマネキンが。ネパールと同じだ。。

9時くらいまで歩き回りましたが、物騒な感じはなかったです。

もちろん、お財布をちゃんとバックの奥にしまっておくなど基本動作は用心してくださいね。

 

街角でラッシー専門店を見つけました。

店内は小さいけどキレイでした。なぜかラッシーを飲んでるのは全員オジサンでした(笑)

 

?