【アランが骨折】わたしたちの日常

こたろうです。梅雨らしい天気でジメジメし始めましたねー。

 

ところで、最近事件がおきまして・・。

 

?

ロードバイクをプレゼント

アランが日本に来て1年。

わたしには悩みがありました。

 

それは

 

アランが、いっつも家にいること。

 

同僚とも仲良くしてるみたいだけど、シフトせいだからか、仕事後にどこかに一緒に寄ってくるとかがない(帰りに飲むのって日本人くらい??)

 

アランは、もともと出不精。

 

わたしが仕事の間(アランは仕事が朝方で、お昼過ぎには帰宅している)、定位置にいるんですよねえ、基本。

一人で家にいないで出かけてほしいんだけど。。

 

または、趣味にいそしんでもらえば、それでも安心なんだけど、もともと彼の趣味は山登り。

わたしたちは東京のど真ん中に住んでいるし、二人の休みが必ずしも一緒ではないので、そうそう郊外の山に行くこともできず。せいぜい、高尾山とか奥多摩とか。

  

ということで、第2の趣味であるバイクを、誕生日プレゼントに購入!

 

すごい喜んでくれて、

 

そこからは、早朝から張り切って、いそいそとサイクリングへ行くアラン。

 

  

 

よかったよかった、楽しそうで・・・!いいプレゼントしたなあ!

 

 

 

日本のお医者さんも信用できぬ?

ところがある週末の朝。アランが、イテテテ・・・と言いながら帰ってきたんですよ。

 

 

どうしたの?と聞いたら、自転車から落っこちたとのこと。

 

なんでよ。。。

 

思わず両手を放しちゃったんだけど、、昔は両手放しても大丈夫だったのに。。

 

年取ると、ねえ・・・笑

 

でも、平気平気、ほーらー。

 

痛いけど、まあまあ動かすこともできるから、と言ってお料理を始めたんです。というのも、友達をその日の午後に招いてたんですよね。

 

アランはネパールカレー作ることになっていて、包丁も握ることに。

でも、大丈夫そう。

ところが

友人も来てワインなどを1本開けた頃、アランが肘が痛いといい始めた。

見ると腫れてて。湿布もなかったので、保冷剤を手拭いでくるんで肘に巻いて冷やしました。

 

でも、夜になっても

痛い・・・・・

 

ということで、それが土曜日だったんで、月曜にお医者に行くことに。

すると・・・

 

 

 

折れてますね、肘

1か月はお仕事もできませんね

(アランの仕事はウェイター)

 

なんと・・・。そのお医者では「動かさないでくださいね。1か月は。」と「三角巾で腕をぶら下げておきましょう」とのこと。

 

わたしもアランも骨折の経験もないので、軽い骨折ってそんな感じなんだな~と思ってました。

 

 

しかし。

 

その数日後、友達に話したら、過去に同じところを骨折したことがあるとのことで。

 

ギブスの中がかゆくなったりするんだよね・・・

 

エ?三角巾で支えてるけどギブスされていないよ?

 

それおかしいよ。2週間骨折に気づいていなくて、それからお医者さんに行ったら、「ケガしてすぐギブスしてれば、もっと早く治ったのに」って言われたよ?

 

ということで、、急遽、別のお医者さんに電話して行ったら・・・・

やっぱりしっかりとしたギブスに・・・・

 

正直どっちが正解(今どきは、ギブスしないで治療する方式もある??)なのかはわからないけど・・・固定される方が安心。

 

てことで、ギブスの先生のところに引き続き行くことにします。

アランは、日本のお医者さんも信用できないのか…と、少しビックリしてました。

 

 

?