30平米でも二人で快適に~お布団生活の良いこと発見!4つ

こたろう(ΦωΦ)です。

あと2ヶ月でアランがネパールから日本に引っ越ししてきて一年たとうとしてます。

わたしたち、結局、アランが来る前から住んでいる部屋にそのまま住んでます。

"結局"とは、引っ越しも考えたのです。

 

30平米で二人暮らしは狭いか?

 

というのも、7年ほど前から住むこの部屋、30平米弱のコンパクトなものなんですよね…

一人暮らしをしていた間も、よく物にぶつかってたので、人が増えたらどうなるのかなあと。

 

ぶつかるのは、食器棚の上の段の扉とか、脱衣所にある洗面台の上の棚の扉と、、

玄関を 入るとすぐに 左手にトイレのドア 目の前に洗面所への ドア 右手にリビングへの ドアが 3面 面している のですが 玄関自体も小さいので 何かの ドア が開いていると ぶつかるわけです…

 

間取りは1LK 。

一部屋が寝室 、もう一部屋はリビング とキッチン 。寝室は 6 畳 で クローゼットが備え付け。なので、シングルのベッドを入れると ベッドとクローゼットの間に 80 cm ぐらいの スペースができるくらいの小ささ。

 

リビング8畳で、二人掛けの ソファ、小さめのテーブル 、テレビ 、姿見、小さな棚。これでいっぱいです。

なので、一人でも狭かったですから二人ならもっと狭いです!!!

 

ですが、自分の部屋をすごくすごく気に入ってるので、出るのはいやだし、面倒くさい・・・。買っちゃってるので、売るとか貸すとかって面倒そう。。なので、とりあえず30平米で二人で快適に過ごす方法を追求してみることにしました。

 

   

お布団生活に切り替えたら便利だった!

取りあえず、ベッドを捨ててお布団生活に変えました。ダブルのベッドを入れると部屋が本当に狭くなってしまう。。散々悩んだ結果、ベッドを捨てること決意をしました。

 

ベッド

部屋が広ければフカフカベッドがいいですけどね

結構勇気が要りました。畳の部屋じゃないところでお布団で寝るのってどうなのかなあと。カビが生えたりしないだろうかと不安でした。

が、そこはコマめに乾燥機をかけたりすることで回避できています。それよりも良いことばかり。

お布団のよいところをまとめてみました。

モバイルでフレキシブルなところ

以前は寝室のベッドでしか眠れませんでしたが、今はお布団を引けばリビングでも眠れますし、どちらかが早く家を出るときはそれぞれの部屋にお布団を引いて寝れば、起こさなくてすみます。

また暑い季節はクーラーに近いところに移動することも出来ますし、お布団際してはどこにでも眠れるのが 便利です。

 

省スペース

普通のベッドは使わないときでも、そのまま場所を取ります(ネパールだと、ソファ代わりにするお宅が多いです)が、お布団なら使わない間は畳んでしまっておけば、スペースが別のことに利用できます!

 

最初は、専用ケースを探したんですが、しっくりくるのが見つからず。自分で作ろうかなあ〜。

フロアに小さな低めのツールを2つ並べてその上に畳んだお布団を乗せてます。
f:id:araam:20190401211915j:image

マットレスは立てておけばスペースとりません。
 

たたむ動作で、朝にメリハリも

これは意外な発見 発見でしたがお布団をたたむ行為で「さあ起きるぞ」という気持ちに 区切りが付きます。

休日ダラダラしないで朝シャキッと起きることができます。

 

ベッドがあると、ダラダラしやすかったんですけど、お布団をずっと狭い部屋に引きっぱなしだと邪魔臭いので、とりあえず畳みます。そうすると、その行動で目が覚めるし、部屋の様子が変わるので、目覚めに良い感じです!

 

床のホコリにはラグで対策

お布団のデメリットとして考えられるのが、床からのホコリ。

床から30センチの高さくらいまでは、ホコリが舞いやすく、寝ている間もホコリが顔の周りを飛んでいるわけで……。

 

対策として、お布団はフロアに直に引かず薄手のラグを引いてます。フロアに直よりホコリは飛びづらいはず!

 

今のところアレルギー沢山あるほうですが、悪化はしていません笑