【外国人男性に騙されないために!】外国人男性との交際で気を付けるべき点3選。「騙された」ケースもご紹介。

こたろうです。

最近は街を歩くと外国人を見ない日はないですよね。身近になった外国人との恋愛。

今回は外国人に騙された!ケースと教訓をご紹介したいと思います。

 

 

ケース1)既婚者だった

さっそくですが、怖い話。

わたしの友人はあやうく結婚するところてした。”既婚者”であるネパール人と。

 

二人はドバイで知り合い、一年ほどの交際を経て結婚することになりました。

 

手続きの書類もそろえ、来月にはネパールに両親にご挨拶に二人で行こうというある日。彼女は彼のFacebookを見てると、彼に瓜二つのキッズと女性の写真を見つけたんです。

 

どぉー見ても、彼に似ている…と思った彼女。

 

彼を追及すると、事実婚の家族がいたんです!

 

事実婚の家族というのは、日本ではあまり聞きませんよね。あるとしても、2号さん(愛人)のときですかね・・。

でも、ネパールでは結婚といえば、宗教上の儀式である結婚式をしたかどうか、が重要です。

神様に幸せな結婚を祈るのが「結婚」。なので、籍を入れる、という手続きはさほど重要ではありません。

 

国際結婚をする場合は、ネパールでも法律的な手続きが必要なので、友人も彼の「独身証明書」を見せてもらっていました。

 

でも・・・法律上は独身なわけですから、「独身証明書」も発行されるわけです。

なので、知る由も無かったという悲劇。

 

戸籍を入れないのは、アジアの国だとまだまだありそうな気がしますし、在日の外国人では本国での事情って見えないことが多いと思います。

【教訓】

本格的に恋愛関係を続けるつもりなら、早いうちに家族を訪ねる、もしくはSkypeなどでご家族とも顔を合わせてコミュニケーションしてみましょう。そして、注意深く家族の様子もうかがいましょう。

そんな目で見るのは・・と気が引けるかもしれないです。

でも、最初だけ。信頼できるかを見極めるのは、自分の身を守るのに大事なことです。

ちなみに、わたしの友人はその彼とはもちろん別れました。

f:id:araam:20191014113214j:plain

外国人彼 憧れますか?

ケース2)日本の生活で変わってしまった

 わたしがアランとのお付き合いを始めた頃、「結婚せず、遠距離恋愛でずっといくのがいいんじゃない?」と、数人の友人からアドバイスをされました。

 

「なんでそう思うの?」とその中の友人の一人に尋ねたら、別の友人が外国人と結婚してひどい目に遭ったから・・と、教えてくれたのがこの話。

 

コロンビアの男性と旅行先のコロンビアで恋に落ちたある日本人女性がいました。

周りの反対を押し切って結婚し、コロンビアから彼を連れてきて、日本で生活を始めました。ほどなく、お子さんも授かりました。

 

男性は日本語が十分に出来なかったことから、英語で仕事できる六本木で働きだします。六本木だけにバーだったそうです。

 

すると、だんだんお酒を飲み歩くようになり、家に帰ってくるのが遅くなるように。

家に、お金もあまり入れなくなり、結果、離婚するに至ったそうです。

 

 

環境が変わるって大きい話。コロンビア人の彼からすれば、ちょっと田舎の人が東京という刺激的な大都会の夜の仕事について、すべてが変わってしまったのではないでしょうか?

【教訓】

わたしはアランを日本に呼び寄せるとき「彼が水商売につくくらいなら、わたしが大黒柱になる」覚悟でした。実際、今もわたしが大黒柱。

外資系のホテルの朝シフト(英語だけで済む)を見つけることができましたが、日本の環境に慣れるまでのアランのストレスはものすごかったです。荒れることも、少なくありませんでした。

海外で知り合った(しかも、大都市出身でない場合)外国人の人を日本に連れてくるなら、こちらも海外に移住するのと同じ覚悟で支えなくてはならないと思います。

 

ケース3)お金が目当てだった?

これは旅行会社を営んでいる男性からの忠告でした。

特定の国によく企画旅行で行くそうですが、そこで目にする日本女性のアルアル。 

 

~~途上国人男性と恋に落ちた日本人女性あるある~~~ 

旅行先で恋に落ちた女性が、結婚してその国に移住します。それが途上国の場合で男性の収入は少ないと、女性の両親はもちろん心配します。

 

企画旅行で行くくらいなんで、だいたいその国の主要な産業は観光だったりする。

そして、その国の物価が日本の半分とか10分の1くらいとかの場合、日本人の両親は数百万円くらいなら出せるので、そのくらいで現地ににゲストハウス建てて娘夫婦の仕事を作ってあげる。

 

でもゲストハウスは、そうそう簡単には儲かりません。

 

そうこうして夫婦仲も覚めていき離婚して、日本に女性たちは戻ってきます。結果、ゲストハウスだけが現地に残ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

結果、お金を騙し取られたとうことになるのですね。。

 

正直、詰めがあまいよ!と思うけど、娘さんのご両親からすれば、数百万で娘の生活が安定するならと思って投資してしまうのも、分からないでもないです。

 

【教訓】

結果論的にお金をとらえたということになっていますが、そもそも、相手との同居だけを理由に移住するのはキケン。自分なりの目的も何か持っていくべきではないでしょうか。

そうでなければ、相手との関係がうまくいかなくなった時の逃げ場がありませんもん。

上の例でも、「自分でゲストハウスを経営するんだ」くらいの気持ちで行っていれば、何か違っていたのではないかな~と思うのです。

 

まとめ

以上、”外国人に騙された”お話でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

日本人との交際より、やっぱり少しだけ注意しなければならない国際恋愛。でもそれは、「外国人が悪人」と言っているわけではありません。

 

相手が外国人だと、日本字側の気が緩む傾向があるのではないかと思うんです。

 

例えば、ケース3。

相手が日本人のときも、日本人の両親はゲストハウスを建ててあげますか?ないですよねえ?相手が「途上国の外国人」というベールで、なんだか見方が変わってしまうのではないでしょうか?

 

そう意味で、外国人との交際のときは、日本人側が気を引き締める必要があると思います。