【第38話 ネパールの甘いおかゆキールに救われた】レシピご紹介

こたろうです。長々、下痢、トイレマターばかりご紹介していますが、すべてはアランのライスビールのせい!

 この時のビールのせいで、小さな容器にピー💩を入れる羽目に。。

www.araam-nepal.com

アランの優しい看病 

お医者さんに投げかけられたミッションは、決してキレイとは言えないトイレでなんとかコンプリートしました。

 

その容器も、💩ちゃんが見える裸のまま、お医者さんに渡すっていう。。蓋もないんだもん!!

(ファーストフード店の、ケチャップ入れる容器くらいの感じです)

 

検査の結果は、重度のウィルスなどはなく、単純に水あたりでしょうとのこと。悪い菌が出るまで、下痢を止めるな、とにかく出し切ろ!と言われて、帰りました。

 

下痢を止めない→脱水症状まっしぐら

 

なので、こまめにポカリスエットみたいなものをアランが作ってくれ、飲み続け、出し続けました。そうこうしているうちに、風邪もひいたわたしは、もう絶不調以外の何物でもない。。

 

 

 そんなとき、アランの看病は、手厚く、海外での体調悪のわたしの心を支えてくれました。

 

っていっても、ヤツがわたしに飲ませたお酒が原因ですが・・・。

ネパールの「キール(Kheer)」

アランの看病もよかったんですが、お姉さんのニキータがわたしのお腹のために作ってくれたお料理たちが、サイコーだった。むしろ、ニキータの手厚いお料理によって、ライスビールでアランを恨み始めた、わたしを救ったかもしれません。

 

中でも思い出に残っているのはキール。

http://www.gfcookingclub.com/wp-content/uploads/2012/07/kheer_small.jpg

【材料】

お米:1カップ
牛乳:2カップ
ギー:小さじ1
砂糖:1/2カップ
カルダモン:小さじ1
ブラックカルダモン:少量
カシューナッツ:適量
レーズン:適量
ブラックペッパー:1つまみ

 

牛乳を砂糖を熱します。ギーと一緒にお米(研がないでください)を入れます。
熱しながら掻き混ぜます。お米に火が通るまで熱したら、カルダモンなどの材料を投入し、お米が膨らんだら(お粥状)OK。

 

簡単!そしておいしいし、滋養がある感じです!!