【第51回 写真が欲しくて結婚式】

こたろうです。やっと無事に入籍できたわたしたち。

この後、もう一仕事残っていました。それは、結婚式。

 

 

とにかく結婚式の写真が欲しい

帰国まであと3日しかなかったのですが、どうしても結婚式を挙げたかった。

それは、子どものころから憧れていたウェディングドレスだから!!

 

 

ではなく、

 

アランの日本での配偶者ビザのため

 

いずれ配偶者ビザを取るなら、スナップ写真を撮っておいた方がよいですということを別の記事でご紹介していますが

www.araam-nepal.com

在留資格「日本人の配偶者等」では、とにもかくにも、その結婚がウソではない!という婚姻関係の信ぴょう性を問われます。

 

わたしは日本で結婚式を挙げるつもりはなかった(めんどくさい)ので、なので結婚が本モノだ!という証拠のためにネパールでとにかく結婚式を挙げたい、というか、結婚式の写真を撮りたかったのです。

 

写真だけのつもりが結婚式を挙げることに

で、記念写真でも撮ればよいと思ってました。ウェディングドレスでも着て。

 

でも、この段になって

 

写真だけだなんて結婚じゃないよ。ちゃんと結婚式を挙げないと。

 

と言い出した。。

 

ヒンドゥー教の神様にちゃんと誓わないと。サリーもレンタルなんてありえない!

 

だったら、早く言ってよ~~~!

 

日本人感覚では、もう神様に誓うなんていう意識薄れてますよね。

日本では籍を入れることが結婚

VS

ネパールでは結婚式という儀式を行うのが結婚

 

こうした意識の違い。

 

わたしは、レンタルの衣装借りて着るだけでいいと思ってたから3日でもなんとかなると思っていたわけで・・・・。

 

結果、2日間でサリーの布やらシューズの仕入れ、お姉さんの夜なべでのサリーのためのインナーづくり、近所の神社でお式までをやり遂げ、目的だった写真も撮りました。疲れたよ。。

 

ちなみに、ネパールの結婚式で花嫁が身にまとう赤いサリーについてはこちらでご紹介しています!

www.araam-nepal.com

?