【国際結婚 苗字はどうなる?】わたしたちの日常

こたろうです。今日は国際結婚に交わる苗字のお話です。

そこには沢山の不条理が。

 

 

最近、結婚することになった友人から聞かれました。

 

苗字どうしたらよいかなあ?

 

その彼女もお相手が在日の外国人で、苗字をどうするか悩んでいるらしい。

 

そう、日本では夫婦別姓は許可されていませんが、国際結婚では夫婦別姓にするか、同姓にするか、選ぶことができるんです。

 

ちなみに、わたしは自分の日本の苗字のままです~。

 

もともと、自分の苗字は気に入っていたし、女性が変えなければいけない(本当は男性が変えることもできるんだけど)っていう制度に不満があったので・・・

 

 

女性が苗字を変える日本の入籍

まず、日本の結婚を振り返りたいとおもいます

 

結婚することを「入籍する」といいますよね。戸籍に入る・・という意味ですが・・ひも解いてみると、こういうこと。

  • 戸籍は「夫婦と、その未婚の子」を一つの単位として作成される。
  • なので、結婚するまでは、通常、親の戸籍に入ってる。

 

そして、誰かと結婚するときは、家族の戸籍からは除籍して、お相手と新しく戸籍を作ります。このとき、どちらかが筆頭者(戸籍の一番最初に名前がある=苗字の持ち主)になって、相手はその戸籍に入る。

 

日本は夫婦別姓ができないので、このとき、女性が筆頭者になれば女性の苗字を引き継げるということ。

 

国際結婚の場合

さて、かたや国際結婚の場合~。

 

そもそも・・外国人は、日本の戸籍に属してません、というか、持ってない。。持てない。

 

悲しい・・・

 

なので、わたしは両親の戸籍からぬけましたが、わたしが入る先の戸籍は…アランは戸籍持ってないので、入る先がない。

 

ヤドカリが古い貝を捨てたら新しく入る貝がないみたいな?

 

ということで、今はわたしはどうなっているか!?

 

一人戸籍です。寂しい。

 

筆頭戸籍者も、わたし。

一見、わたし独身みたい・・・

 

アランとの関係は書類上どうなってるかというと、

 

わたしの戸籍の「身分事項」の欄に、”婚姻日・外国人配偶者の名前・国籍・生年月日”の情報が記載されてます。

 

僕はこたろうの「リファレンス(参考情報)」に過ぎない! 笑

  

でも、税金や年金はぜーんぶ払うんですよね。なのに戸籍がないから選挙権もない。

これはとても不条理を感じざるを得ません。

 

 

国際結婚で苗字を変えたかったら

わたしは自分の戸籍を編製したわけで、つまり、わたしの姓は、もとの苗字のまま。

結果、夫婦別姓。

 

これは、苗字を変えることでのいろいろな手続きが面倒だったからに尽きます。私の場合マンションも所有してしまってるので登記も面倒そうだし、実印も変更しないと・・。

カタカナの苗字、名乗ってみたかったけど。

 

わたしはもともと、これが理想的だったのですけど、冒頭の友人には子供ができたときに同姓がいいなら、同姓にしてもいいんじゃない?と答えておきました。

 

ちなみに、同姓にするためには

 

  • 市区町村役所や大使館・領事館に氏の変更届を出すだけで変更可能!
  • 外国人の配偶者が日本に帰化をする

一つ目は、ただし半年以内の手続き。半年以上後には、家裁マターに。。非常に大変だそう。これは、また今度調べてみようと思います。

 

二つ目の帰化とは、外国国籍を得ることです。

厳しめの要件を満たす必要があります。まあ、まあ、厳しい。これも今度調べてみようっと。

 

最近、配偶者が外国人というと、「旦那さんは日本国籍になったの?」と聞かれます。そんなにかんたんじゃないよう!

 

しかも、もし帰化できても・・・二重国籍が許されてない。

 

つまり、ネパール国籍を捨てなければ!

 

 

それは〜、大きな決断だよね。