【国際結婚手始め。婚姻具備証明書って何?】在ネのネパーリと在日の日本人の結婚手続き(日本編)

こたろう(ΦωΦ)です。わたしは2018年年末に在ネパール人と結婚しました。いわゆる国際結婚。

国際結婚は面倒か?と言われると、お相手の国によります。

一方日本人同士の結婚の手続きは、他国に比べると簡単な手続きということのようです。結婚届を記入して提出して市区町村役場に受理されればそれで結婚が成立。しかも提出も、夫婦は役所に出向かず代理人が提出しても良いです。

 

 

でも、違う国もたくさんあります。例えば当事者が二人そろって、結婚管轄の役所に出向かなければいけない国はよくあるみたい。ネパールもです。

今回はネパール人との結婚手続きについてご紹介します。

※経験は2018年末の情報です。

   

まず、ケースによって異なってくると思うので、わたしたちのプロフィールをまとめますね。

【結婚相手のネパール人】

  • わたしの相手アランは、在ネパール(カトマンズに住民票あり)。
  • 海外渡航履歴:アブダビに数回。在アブダビ歴10年。日本に一度、わたしに会いに。
  • 犯罪歴:ありません。
  • 結婚経験:なし。

両国で結婚しないといけません。どっちで先にする?

まず、国際結婚では、両国で結婚をしなければならないです。一方の国でしか結婚していない場合跛行婚(はこうこん)と呼ばれるそうです。

 

でも、国によっては日本の結婚が自動的に一方の国でも有効な結婚が成立することもあるみたいです。アメリカとかロシアとか。

 

あいにくネパールは、ネパール自国での手続きが必要になります。これが地獄の始まり(大げさ)でした。当初、ネパールの国際結婚はアランに聞くにつけ、非常に難しそうでした。

 

「難しい」は、”複雑”というより”面倒”って感じ。手続き詳細が公になっていないかったり、袖の下が必要になるとか。。

 

そんなわけで、先に厄介なことは終わらせたいということで、わたしたちは先にネパールで手続きすることにしました。

 

婚姻要件具備証明書をもってネパールへ結婚しに!

日本人同士なら、「入籍」するので、万が一、実は既婚者だった!とかは入籍手続き時にすぐ判明します。でも国籍は日本のもの。共通の登記はないので個別に確認が必要になります。

 

そこで、舌を噛んでしまいそうな、この書類「婚姻具備証明書」です。

国際結婚で必ず必要になるであろう、「わたし日本でちゃんと独身です!」証明書。

 

どこに発行申請する? 発行機関

発行機関は、法務局、役所(本籍地)、在外日本大使館・領事館のいずれかです。

法務局とは、本籍のある地方法務局または東京法務局。

 

わたしの場合は本籍は群馬ですが、東京法務局に乗り込みました。

 

身近な役所や現地日本大使館でなく、権威の法務局を選んだ理由は

  • 現地大使館の場合申請して発行までの数日、ネパール滞在が必要。有給休暇の都合上、なるべく在ネパール時間は抑えたい。
  • 地元の群馬の市役所に問い合わせしたところ、発行経験がないと言われ不安。
  • 群馬法務局に行くなら東京の方が楽。
  • 東京の法務局が本家本元なので、発行元として対外的に安心。

 

ということで、九段下の法務局にいざ申請!3営日程度で発行されます。

持っていくのは

  • 戸籍謄本
  • パスポートなど本人確認できる証明書
  • 印鑑
  • 念の為アランのパスポートのコピー(身分事項のページ)

なお、申請も受取も、本人の参上が必要でした。

 

「独身証明書」との違い

ちなみに独身を証明する書類には「独身証明書」というものもあります。

最初聞いたときは、なんじゃそれ、と思いましたが、結婚サービスなどに提出するようで、こちらは市区町村からのみ発行されるものです。

独身証明書と婚姻要件具備証明書は、内容が違います。

婚姻要件具備証明書には結婚相手の氏名、生年月日、国籍などまで記載されますが、独身証明書にはありません。

国際結婚に必要なのは、婚姻要件具備証明書です。

 

「婚姻要件具備証明書」申請時に非常に悩んだこと

法務局で申請書をもらい、その場で記入しました。申請書に記載したまんまで証明書が作成されるので、少しの間違いも許されません。

 

すると・・わからないことが浮上・・。姓名の順番…

 

相手の名前、国籍、生年月日も記載します。

でもアルファベットは使えません。そして名前記載欄は一つで姓名が別れてない。

つまり、外国人の名前をカタカナでフルネームを入れることになるわけで。姓名の順番に悩みました。

 

Araam Thakuri Chanse が普段のアランの表記です。(Chanseがミドルネーム。)

この場合 

  • 外国人は名前から普通書くから・・・アラン タクリ チャンス?
  • それとも、日本風にタクリ チャンス アラン? 
  • いや、ミドルネームは苗字の後か? そうするとタクリ アラン チャンス?

結局、姓名の順番で提出しました。でもコレが正解なのかはハテナ。

 

法務局の方に質問しましたが、現地事情によるとのことで回答できないとのこと。提出先の在ネパール日本大使館は、電話に出てくれないし。。

 

 一度は考えた末、「両種の2枚もらい、在ネパール大使館に提出するとき、聞けばよいんじゃん?」と思いました。

しかし!証明書だから、最新の一枚しか有効ではないとのことです。。

これから手続きの皆さん、頑張ってください。次は、ネパールでの手続きについてご紹介します。 

?