【水は飲んではいけません。そして大切に。】ネパール水事情

こたろう(ФωФ)です。今回はカトマンズのお水についてご紹介します。他の貧しいアジアの国と同じように、水事情は整っていません。でもそれは、普通に日本に暮らしているわたしたちの想像を超えます。

 

世界にはまだまだ、こんな生活をしている場所があることを知ってもらいたくご紹介します。

水の供給はトラックでされる

さっそくですが、このトラック、何のトラックだと思いますか?

派手なトラック

派手なトラック

けばけばしい見た目は、なんだか楽しげでもありますが、このトラックは配水車。

つまり、運んでいるのは生活水です。

 

ネパールの上水道は首都のカトマンズでさえ未整備なんです。そのため、一般家庭、アパートは、その屋上または地下に、貯水タンクを持っています。

この写真はカトマンズの住宅地の写真ですが、屋上に黒いタンクが見えます。 

 

水タンク

屋上にはタンクがあります

 

中流家庭の場合、配給車から支給された水をた貯めておいて使います。

アランの家では、バスルーム(トイレと洗面所のある部屋)中にも、いくつか水タンクが用意してあって、そこから直接ヒシャクで水を使うときもありました。

 

 

配水から日が経つにつれ、タンクの中の水は、どんどん減っていきます。(´-ω-`) 日本人の普段の使い方をすれば、あっという間になくなってしまいます。 

 

蛇口からじゃなくて、タンクから直接裏庭でお皿を洗う姿もよく見ます。

水問題は深刻

カトマンズでも見かける風景

また中流以下の人たちは,日々ポリンタンクで共同水場から運んだ水を利用しています。

 

「シャワー」はバケツの冷水だったりする

 最近は、家庭用ガス湯沸かし器がカトマンズでは普及しつつあるようですが(昭和時代にお台所にあったやつ)、まだまだ「シャワー」といえばバケツに水を張ったもの。つまり、流れるシャワーではないところが多いです。

 

家に水がなくて、川の水や公共の水場で体を洗っている人たち、少なくありません。アウトドアで楽しそうだったりしますけどね・・。

https://d3n8a8pro7vhmx.cloudfront.net/choicehumanitarian/pages/2523/attachments/original/1544306982/Water_Project1.JPG?1544306982

(ChoiceHUMANITARIANより引用)

 「お湯」のお風呂なんて贅沢品なんです。

 

アランの家では、湯沸かし器がつく前は、鉄の水温め器を使ってバケツのお水をお湯にしてました。

こんなのです。 

https://sd.azureedge.net/0/images/product/73578/water-heater-A-73578.jpg

(sastodeal.com引用)

 

この鉄棒を水に突っ込んでいる間、お湯加減を見るべく、水を触ったら感電死するでしょう・・・・。(゚Д゚ ||)

 

ホテルの水事情。お湯は絶対ではない。

ローカルのお宅の水事情は、このように非常に厳しい状況にあります。

でも、観光客が使うホテルではお水が出ないってことは、よほどの場合じゃないとないと思います。

 

でも、お湯は別。出ないことも覚悟しておいた方がいいです。

 

経験値から3,000ルピー(3000円くらい)を切る場合は、お湯が出ない日もあるかも、と思った方がよいかもしれないです。

 

飲み水、水を口にするとき要注意

また、ホテルで水道から水が出て安心してはいけません。水道の水は飲まないのが鉄則。

 

わたしはお腹が弱いので、絶対に口にしないです。

 

ホテルでも、歯を磨くときも、浄水器の水かミネラルウォーターを使うことをお勧めします!

 

もしローカルのお宅にお呼ばれしたときも、煮沸された水か、浄水器のお水を飲んでください。

 

レストランのお水も、観光客が多く行くようなレストランでは、浄水の水が出てくるところ多いです。でも、必ずとは言えませんし、ローカルの人もいるようなお店は危ない。

ということで、総じてペットボトルのお水を頼むのがよいと思います。
「ミネラルウォーター」と言えば通じますよ!

 

まとめ

東京在住の人が1日に使う水量ってどのくらいだと思いますか?


なんと219リットルだそうです。(平成27年度東京都水道局調査)


飲み水としてだけでなく、手洗い、料理、洗濯、お風呂、トイレ、多くの場面でわたしたちは水を必要とします。ネパールの人たちだって同じ。

でも、水道の蛇口から水が出てくるのって幸せなことなんですよね。

 

わたしはネパールの水を誤って飲んでしまい大変な目に遭ったことがあります。

【第35話 止まらない下痢で行ったネパールの病院はひたすら寒かった】 - ネットで出会い、年下ネパール人と国際結婚

旅の間にこんなことになりたくないですよね。水には十分注意してください。 

 

2018年には水道管工事がカトマンズのここそこで進行していました。上下水とも整備されて、皆の生活が楽になるといいなと思います。