ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

ネパールの厳しい水事情 旅行者下痢に気を付けて

こたろう(ФωФ)です。今回はカトマンズのお水についてご紹介します。他の貧しいアジアの国と同じように、水事情は整っていません。でもそれは、普通に日本に暮らしているわたしたちの想像を超えます。

世界にはまだまだ、こんな生活をしている場所があることを知ってもらいたくご紹介します。

 

ヒマラヤ山脈お足元のネパール。水資源は豊富!なはず。

さっそくですが、このトラック、何のトラックだと思いますか?

 

派手なトラック

派手なトラック

賑々しい見た目は、なんだか楽しげでもありますが

 

運んでいるのは堅実に生活用の水(ネパール語でパニ)です。

 

カトマンズでは、一般のアパートの地下には、おおおお~きな水タンクがあり、そこにこの写真にあるホースから水を毎週供給します。 

 

っていうか勝手に回ってくるのではなく、発注制だそうです。

 

屋上には水タンクがあり、そこに吸い上げるアパートもあります。下の写真アパートの上に黒いものが浮いて見えますが、これは屋上のタンク。

水タンク

屋上にはタンクがあります

ここから屋内の各蛇口に水が送られます(というか落ちてくる?)

ですが・・・、家の中にも水タンクが用意してあって、そこから直接ヒシャクで水を汲むときもあります。

 

つまり、上水が整っていないんです。

 

ヒマラヤ山脈お足元のネパール。水資源は豊富!なはずなのに.....

 

恒常的な水不足。一般家庭では水は大問題なんです!

 

配水から日が経つにつれ、タンクの中の水は、当然減っていきます。(´-ω-`)

日本人の普段の使い方をすれば、あっという間になくなってしまいます。 

 

お皿を洗うときやシャワーもバケツから

一般家庭では、そんなわけで当然お湯の出ないところも多いです。

 

最近は、家庭用ガス湯沸かし器がカトマンズでは普及しつつあるようですが(昭和時代にお台所にあったやつ)、

お皿を洗うときも屋内のバケツや裏庭でバケツからお水を汲んで洗います。

水問題は深刻

カトマンズでも見かける風景

入浴する場合も、バケツにタンクから汲んだお水に、専用の鉄の棒で電気を通して温めるんです。

なかなか目にしないのでご興味のある方は、こちら見てみてください。 Electric Water Heating Rod 1500W : Buy Online at Best Prices in Nepal | Daraz.com.np

 

 

そのお湯を、大事に大事に使って身体を洗います。

 

なお、、、鉄棒を水に突っ込んでいる間、お湯加減を見るべく、水を触ったら感電死するでしょう・・・・。(゚Д゚ ||)

 

ちょっとカトマンズ郊外に行ったときは、川のお水でロングヘアを洗っている女子たちを見ました。皆、ロングヘアなので大変だなあと思いましたが、楽しそうでした。

 

 ホテルの水事情

あ、普通にホテルに止まる場合ですが、

ホテルのランクによりますが、お水が出ないってことはよほどの場合じゃないとないと思います。

 

でも、お湯は別ですね。 

経験値から3000ルピー(3000円くらい)を切る場合は、お湯が出ない日もあるかも、と思った方がよいかもしれないです。

 

ネパールの飲み水はフィルタ付きで

水道の水は飲まない、というか、とにかく、口にしないのが吉です!ホテルにもウォーターサーバが部屋にあることもあるし、なければミネラルウォーターを買ってきてそれを使いましょう。

 

ホテルでも、歯を磨くときも、ミネラルウォーターを使うことをお勧めします。

 

 

一般のおうちではフィルタ付きウォーターサーバのお水を飲んでいます。

 

 

最初にネパールにいったときは、そのサーバさえも、正直怖かったんですが、数箇所で飲んでも、おなかの弱いわたしでも大丈夫でした。

水道の水は飲まない

水道の水は飲まない

水にあたるとお尻が崩壊します(*´д`*)

(わたしは、比較的おなかは弱いです)

 

あるとき、ポカラのお店でお酒なら水は入っていないと思って飲みました。

一口飲んで分かったんですが「ライスビール」という種類のビールは、水が直接入ってました・・。

 

あー・・・飲んでしまったと思いました

 

そこからガッツリ1ヶ月!!帰国後まで続く下痢ピー・・・。

 

 

なお、症状が始まった時は、吐き気も伴いました。。

気持ち悪いな~、と気づいてから、4、5時間かけて徐々に気持ち悪さが強まっていきました。そして、毎30分のピーが始まりました。

 

30分毎の下痢ピーは丸2日続きました。

 

1日20回以上ですから、 

 

お尻の穴が完全崩壊(@_@;)

 

 

3日目以降も、ピーの頻度は減ったものの、壊れたお尻は、働き続けたからでしょう・・、トイレに座ると、自動的に、無感覚でピーがでるとという、危うい日々が1ヶ月続きました。。

 

フフフ、、、(;∀; )

 

 

ちなみに、その時、お医者さんには行きましたが

 

 

旅行者下痢 (Traveler diarrhea)ですね!」って言われました。

 

なんだよ!そのドストレートな病名・・・・・・・・(´-ω-`)

 

こうなった場合、これまたドストレートなネーミングの「ストッパー」などで止めず、原因となっている毒素を出しきるのが、生還への近道

とドクターに言われましたので、ピーを流し出し続けました。

 

 

そのとき、下痢ピーのまま帰途につかなければならなかったので、飛行機に乗るときだけ止めたいからとお医者さんにお願いして処方箋をもらいました。

日本では見たことのないようなどピンクの、2cm超え大の錠剤でした。 

旅行下痢の薬

ショッキングピンクの薬



短期滞在する場合、お水のせいでその後の日々が台無しになると残念なので、気をつけてください~。

 

以上、ローカルの水事情、そして旅行時気をつけるべき水の飲み方をご紹介しました!2018年には水道管工事がカトマンズのここそこで進行していました。上下水とも整備されて、皆の生活が楽になるといいなと思います。