ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

インド料理とは違う!ネパール料理5選と新大久保のレストラン3選

こたろう(ΦωΦ)です。

ネパール料理は食べたことありますか?どんな料理かイメージつかない方も多いかもしれないですね。

インド料理屋さんなら近所にあるという方も多いかもしれないですが、本気のネパール料理を食べるなら、新大久保がオススメです。

 

今回は、ネパール料理をご紹介しつつ、新大久保のネパールレストランもご紹介します。

安価なのに栄養満点のネパール料理は、ランチならにお得です!

定番中の定番、ダルバート=ダル(豆スープ)+バート(お米)

まずは、ネパール料理といえばコレ!というダルバートです。

お代わり自由

衝撃は、本気のネパールレストランならダルバートは500円から700円くらいの金額で、しかもダルとバートがお代わり自由!

そう!お代わりは自由です。お店の人がご飯とダルを持って回ってますし、頼めばいつでもお代わりくれますよ。
f:id:araam:20190321202006j:image

ちなみに「インド・ネパールレストラン」の場合、ナンが出てきてると思いますが、本場はご飯。

ただし本場のお米は、細長いインディカ米なので、パサパサと軽い口当たり。軽めなのでお代わりしちゃいましょ!

 

ダルは、写真ではライスの上にある豆のカレー。カレーのイメージより、スープに近い感じ。

豆スープ ダル

豆スープ ダル



日本のお味噌汁くらいネパールの食事には欠かせない家庭の味です。

この写真では茶色っぽいですが、黄色のときもあれば、もっと緑のときも。使うお豆の種類などや味付けで色も違ってます。

 

アチャール(干し野菜の漬物)が…止まらない

日本のネパールレストランで食べることのできるダルバートセットには、他にカレー、野菜の炒めもの(タルカリ)、お漬物(アチャール)、サラダが付くのが定番メニュー。

アチャール

アチャールはママの味でもあります



この中で、わたしのお気に入りはアチャール。大根、人参、グリーンピースなどを、スパイスとオイル、そしてもちろん唐辛子も混ぜて作るお漬物。

これが、めっちゃ美味しい!ビールのよいお供になります。

これもアチャール。トマトといろいろなスパイスで作られます。
f:id:araam:20190323162348j:image

 

ご飯に全部乗せ

さて、食べ方ですが、まずはライスにダルを回し掛け、さらにカレーも掛けて、他のおかずも乗っけて頂きます。

 

ネパールのヒトは、これをよ〜く混ぜて食べます。ちょっとお行儀よくないかもですが、混ぜることで、また違う味わいが出てきますから、ネパール人になったつもりで、混ぜまくってみましょう。

 

食べたことのない美味しさセクワ。ビールのお供に!

続きまして、わたしの大好きなセクワ!ビールに合うんですよ〜♡

これはさまざまなスパイスに漬け込んだお肉を炭の上でグリルする串焼き。

ネパール料理 セクワ

セクワ

この理屈から言って美味しくないはずがない!

日本の焼き鳥とかに比べると、更に焼き込んだ感じです。焦げ目もグー!独特な美味しさだと思います。

 

現地では水牛(バッファロー)やヤギのお肉もありますが、日本のネパールレストランでは鶏肉や鶏肉の砂肝、マトンもオススメです。肉の臭みがむしろ美味しさを引き立てます。

   

ネパールアイス(ビール)

ビールのお供の話をしてので、ビールもご紹介。日本のネパールレストランではよく見ける中では、ネパールアイスがわたしのお気に入り。

よく見かけるのは…

  • ネパールアイス キレがある!
  • エベレスト ビターでしっかりとした味わい
  • リアルゴールド 軽めだけど苦味が美味しい

ですね。

 

ネパールの餃子、モモ

もとは隣国チベットの食べ物です。ネパールには他にもチベットの食べ物がネパール料理として馴染んでます。

ネパール餃子 モモ

ネパール餃子 モモ 真ん中のはスパイシーモモです



モモは、餃子です。日本の餃子より皮が厚めです。調理の仕方で、蒸しモモ、揚げモモ、スープモモとあります。

ちなみに現地では、中身にもバリエーションがあり、バフモモ(水牛のお肉)、ベジモモ(野菜)など。

 

現地では、皮からみんなお家で作るので、お家のモモが一番美味しいです。先日、うちでもアランがせっせと作ってくれました。

 

モモ手作り

これはネパールのアラン家でモモを作ったときの写真です

ネワール料理 葉っぱのお皿で頂きます

さて、ネワールについては以前ご紹介しましたが、ネパール王制の歴史でも無視できないネワール族。独自の食文化を持ちます。

 

蕎麦がき(ディドゥ)に美のオイル「ギー」を掛けて

なんと!ネパールにも蕎麦粉があります。麺ではなく、蕎麦がきで食べるのが一般的。

この真ん中のがそれ。

ネパールでも蕎麦がき

ネパールでも蕎麦がき

そば粉にキビ粉、小麦粉なども混ぜて熱湯も加えて練られたこれは、もちもちとして、でもお餅より軽く、蕎麦がきよりももっちりとして美味しいです。左手真ん中にあるギーを掛けて、ダルやカレーにデップして頂きます。

ギーは、最近、成城石井などでは見かけるインドやネパールのバター。海外セレブや有名モデルの間で注目を集めているオイルだそうです。

蕎麦がきをフィニッシュすると、ご飯をくれるお店もありますので、お店のヒトに聞いてみてください。

 

ネワール伝統料理 干し米

ここで注目したいのは、炊いた米を平らに潰して干したビトンライス(チウラ)というお米を中心にタルカリなどが並ぶもの。

写真の真ん中の白いのがチウラです。コーンフレークやシリアルのような食感でクセになる食感です。

ネワール

葉のお皿

 

ネパールパリパリ煎餅パパドゥ

おつまみみたいな感じですが、これ、塩っぱくて美味しいんですよ。

豆の粉で作られたものです。写真の左手のもの。

f:id:araam:20190322072417j:image

小麦粉や米粉のスナック菓子よりも、もっと軽いのですが、スパイスが練り込まれたりして深い味わいです。食事の付け合わせとして出されます。

 

わたしの新大久保、大久保のお勧めネパールレストラン

かつて韓流で有名だった東京の大久保、新大久保は、いま、リトルカトマンズとも呼ばれるほど、ネパールレストランが軒を列ねています。

 

しかも、結構、現地の味だし、お店によっては現地の雰囲気も。

 

わたしのとっておきのお店リストをご紹介します。

 

ネパール民族料理 アーガン (AANGAN) - 新大久保/ネパール料理 [食べログ]

ちょっときれい目なお店です。女子会にもいける感じです。

日本人のお客さんも多く、難易度低めです。

お店にはいるとストゥーパがお出迎え。
f:id:araam:20190322185040j:image


バラカーデ グッドタイム (BARACADE Good Times) - 新大久保/ダイニングバー [食べログ]

新大久保駅から右手に5分くらい。

個人的にはアチャールがこの中で一番おいしいお店です。日本人はあまりおらず、ネパール感を味わえます。

夜は洋楽やネパールポップが掛かってて、バーっぽくなってました。

 

 

ネパール民族料理店 ネワーダイニング (Newa Dining) - 大久保/ネパール料理 [食べログ]

大久保駅に近いです。

改札出て左手へ。数分歩いて左手にあります。地下です。

すごいお手頃価格です。日本人はあまりおらず、ネパール感満載。お手頃価格だからか、一人で来てダルバートを食べて、帰っていくネパール人男性が多いです。



ラトバレ (RATO BHALE) - 新大久保/ネパール料理 [食べログ]

新大久保駅から一番近いです。

 

駅改札を左手に出てすぐの角を左手に曲がり真っ直ぐ。突き当り手前の右手にあります。


f:id:araam:20190323161216j:image

地下の小さなドア(ピンクの引き戸)を開けると…大抵、ネパール人しかいません。f:id:araam:20190323161353j:image

お店の中は敷居などなくオープンな感じですが、小さなお店です。

シャレっ気はあまりなく、家で使いそうなお皿で出てきたりして、テキトーさが微笑ましいです。

 

わたしは夜しか行ったことがないのですが明るい店内は明るく健康的な雰囲気。ダルが美味しかったです。