ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

【ネパール情報】美の都パタンに行ったら行くべきスポットNo2 ゴールデンテンプル

こたろう(ΦωΦ)です。今回はネパールのパタンにある通称ゴールデン・テンプルをご紹介します。その名の通り、金色に装飾されていることからこの名前で呼ばれています。ヒラニャ・ヴァルマ・マハヴィハールが本名。伝統様式のマハゴ式の建物です。


ダルバール広場から北へ歩いて5分程度。入口には存在感たっぷりのライオンみたいな守神が鎮座してますので、わかりやすいです。

f:id:araam:20181228085400j:image

ドアップ。守神さんたち愛嬌があります。

f:id:araam:20181229121028j:image

門をくぐります。

f:id:araam:20181229111442j:image

くぐると右手に料金を支払う窓口があるのが見えます。ゲートも個性的。でも、これは全部チベット仏教のシンボルです。

f:id:araam:20181229111951j:image

ゴールデンテンプルは、チベット仏教のお寺です。ネパールは多くの人々がヒンズー教ですが、パタンはこのお寺があることから、チベット仏教の街でもあります。わたしの扱うチベット仏教の宗教画タンカのアトリエがパタンに多いのも、そのためです。

 

さて、入口を抜けます。まず、ヴァジェラがあります。わたしの扱うチベット仏教宗教画のタンカにも出てくる仏具です。ヴァジュラはサンスクリット語で稲妻、ダイヤモンドを意味し、あらゆるものを打ち砕くほど強いものの象徴とされます。

f:id:araam:20181229121058j:image

タンカに出てくる時はこんな感じです。こちらはダブル・ヴァジェラといって二つ重なっているものです。

f:id:araam:20181229115752j:plain

(ご興味あればばショップはメルカリにもあります~)

 

全体構造が、中心にお堂のある中庭で、周りを二階建てのお寺の建物が囲んでます。

中央のお堂と本堂の写真(後ろが本堂)がこちら。

golden-temple


見回すと、象に乗った神様がお寺の縁側?廊下?から中庭へのゲートを守ってます。

f:id:araam:20181229123227j:plain

 

こちらにも。よく見ると亀の上に乗ってます!スペインのサグラダ・ファミリアの地上の外側にあった柱の下の方にも亀のモチーフが居たのを思い出しました。

西洋でも東洋でも、亀は特別な動物なんだなぁ。

f:id:araam:20181229103803j:image

中庭の四隅には、お供えのフルーツを手にした猿がいます。

f:id:araam:20181229112251j:image

こんな小さな像も。

f:id:araam:20181229103945j:image

中央にあるお寺には神様がたくさん。

f:id:araam:20181229121151j:imagef:id:araam:20181229121319j:image

ネパールでは、神様に供える花はいつもマリーゴールドです。

f:id:araam:20181229105709j:image

こんなふうに道端で売っていて、眩しい。わたしはオレンジ色や黄色が好きなので見ると元気になります。

f:id:araam:20181229110316j:image

白だとつまらないし、赤だと強すぎる。黄色やオレンジ色がお供えにはいいですね。

 

本堂です。

f:id:araam:20181229112702j:image

f:id:araam:20181229113055j:image

こちらでは、象は下になって守神を支えていました。

見上げると金だらけ!ネパールの金閣寺ですね。

f:id:araam:20181229113358j:image

お寺の廊下に上がると、こちらにも神様が立ってました。上から失礼してパシャリ。

f:id:araam:20181229112910j:image

階段で二階に上がります。二階はお祈りする場所。この日は人はほとんど居ませんでしたが、寝てる人がいますね・・ま、信者の憩いの場?

f:id:araam:20181229113039j:image

巨大なマニ車があります。

f:id:araam:20181229113317j:image

お祈りの蝋燭(ロウソク)が、火を炊いていました。

f:id:araam:20181229113605j:image

下に降りて、また中庭に戻りました。

中庭から廊下に入る口はいくつかあります。これは本堂の脇。花びらはお祈りのお花。ネパールでは、ここそこに花びらが落ちていて、キレイです。

脇の守神も、また、愛嬌がある。

f:id:araam:20181229113734j:image

以上、ゴールデン・テンプルでした。

わたしとしては、パターンNo2というよりネパールに行ったら是非訪れてほしい場所です。