ネパール人は結婚と恋愛は別?

こたろうです。ネパールの結婚事情を日本と比べながらご紹介したいと思います。(もう一つやっていたブログのリライトです)

f:id:araam:20181028230753j:plain

ネパール絵画のお店

ネパールでは同じ民族同士のお見合いが主流

先日、占いのお話をさせていただきましたときやらに触れましたが

【ネパール事情】星占いが好き~ナヴァグラハ - ネットで出会い、ネパール人と国際結婚 )、夫のアランのお姉さんが最近結婚しました。

そもそも、お姉さんネパールアラフォーで独身だったわけなんですけど、すごく珍しいと思います。

 

日本だってなかなかのプレッシャーがかかるアラフォーで独身です。

発展途上の国であれば結婚年齢は低いでしょうから、そのプレッシャーや孤独感はものすごいのではと思います。

 

 

でも、彼女は独身時代こう言ってました。

一人で買い物に行ったり映画に行くのがすきなのよ

 

さて、ネパールのそんな結婚事情ですが、親が手配するお見合いで多くのヒトが結婚します。

 

 

理由は、多民族国家(※)であること、そして事実上まだ生きているカーストがあることにあるようです。

※ネパールはものすごい多民族国家で、インド人のように濃い顔もいれば日本人のように薄い顔もいて、民族が違うからなんです。またカースト制度もまだ事実上残っています。カースト=民族にも近い。

 

つまり、同じ民族で結婚させるために親御さんが結婚をセッティングするわけです。

 

民族やカーストによって食べ物や多くの慣習が異なりますので、それを超える結婚は難しいと考えられてるからです。

想像するに、子孫繁栄という意味でも、自分たちの文化を末永く生かすことを考える親御さんも多いかもしれないですね。

 

実際にあった話では・・・

わたしの友人の一人(日本人)がとあるネパールの民族の彼とお付き合いしていました。お付き合い中に彼のオタクに長期間お邪魔して、彼のご家族とも仲良くしていました。

 

ところが、付き合いが進んでくるとお母さんが嫌な顔をしだしたそうなんです。つまり、お付き合いはいいけど、結婚は論外ということでした。

 

最終的には「わたしが死ぬときは、同じ民族の嫁に世話してもらわないと天国に行けない」から息子と別れてくれと言われたそうです。

 

アランのご友人たちも多くがお見合い結婚で、同じ民族やカーストのヒトと結婚しています。

 

 

そんなネパールの結婚事情を知らない頃、わたしはアランのネパール友達に「奥さんとはどこで知りあったの?」と尋ね「お見合いだよ」(当然ジャン?!)という顔をされて、困惑したことがあります。

 

恋愛と結婚は別

ネパール語クラスで知り合った、在日のネパール人の彼がいる女性がいます。あるときその子に彼との付き合いは順調か?と聞いたとき 「来年には別れる予定なんです」と言うんです。

 

別れる予定?(´・ω・)

 

「彼がネパールに帰国して、結婚するからです。」とのこと。

 

彼は、ネパールの割に田舎の方の出身で、同じカーストの女性と結婚することを子どもの頃から決められていて、日本に来たときから、そのつもりだったと。

 

そんな、割り切りが若い男女にできるとは!(゜ロ゜)

 

日本と恋愛至上主義

かたや、日本では、一般的に恋愛の延長線に結婚があると考えられていて、つまり、恋愛結婚が理想とされてますよね。

f:id:araam:20181013185304j:plain

でも…第二次世界大戦直後までの日本もお見合いが主流だったはず。祖父母世代はお見合いのカップル多いですよね。

 

でも欧米の影響で、恋愛結婚の割合が増えて、本当のお仲人が入るようなお見合いはほぼなくなりつつあります。

 

お見合いは、もともと、個人の感情より、家の事情を優先して結婚するということ。

 

日本もかつては家柄というものがあり、同じ家柄よヒトと家族を持つために親の決めたヒトと結婚していた時代がありました。

一方で欧米で発生した自由恋愛、つまり、結婚における男女平等の思想が明治時代の日本に入り、一夫一婦の結婚制度も成立したそうです。ただその後も、お見合いのシステムは残りました。

 

 

お見合いという家と家ではなく、個人と個人のつながりというコンセプトである「恋愛」がロマンチックに思えたので、恋愛こそがステキな結婚と捉えられるようになったと言われています。

 

加えて、恋愛至上主義が加速したのは、欧米への憧れからなんだろうと想像つきますね。

欧米のもの、なんだかステキに見えがちですものね。なんでですかね…

 

いま、わたしたちは恋愛至上主義にがんじがらめになってる気がします。

だって彼、彼女がいないのは、かわいそう、みたいな雰囲気ないですか?

 

美輪明宏さんの「愛の話 幸福の話」という本でこんな下りがあります。

運命の人に出会うことだけが恋愛の終着点ではないし、最高の幸福ではありません。愛を知らないで終わってしまう人生があってもいいのです。

今はみんな、恋愛で救われようとしています。恋愛や愛欲が、へんな宗教みたいになってしまってます。恋愛さえしていれば安心

これを読んだとき、衝撃が走りました!実際わたしは、恋愛に熱心でない自分を卑下していました。それは恋愛至上主義の文化によるプレッシャーに負けていただけで、、恋愛してなくてもOKと言ってもらえて安心したんです。

三輪様ありがとうございます。。

ネパールも恋愛至上主義になりつつある?

この記事を書くに当たりネットでちょっと調べてみたら、

お見合い結婚についてどう思うか?というネパール人のヒトの書き込みをいくつが見つけました。とあるブログでも、”自分の親も祖父母もお見合い結婚だが、互いに愛し合っていてお見合い結婚は悪いものではないと言っていました。

 

つまり、お見合いに対する見方が「恋愛結婚より劣る」という内容なんですよね。

ここネパールまでにも、欧米化が!!

 

ちなみに、ニキータお姉さんの結婚は恋愛結婚でした。

 

きっと、ネパールも、日本の今のようにあっという間に義理のお姉さんみたいな独身アラフォーキャリアウーマンが増えるのでしようね。