ネットで出会い、ネパール人と国際結婚

わたしのブーはココロ持ち

美肌スパイスのターメリック(ウコンパウダー)

こたろうです。早速ですがネパールでは毎日カレーを食べるか・・という記事を以前書きましたが、スパイスはネパールの生活に欠かせないアイテムです。

www.araam-nepal.com

 日本では、「うちのカレーはスパイスを五種類使ってます」「なんて、話よく聞きますけど、ネパールでは当然のこと。

 

ということで 夫のアランは日本移住時に、た~んまり持ってきました。

 

毎日その恩恵にあずかるわたしです。そこで、今回はスパイスに囲まれた生活をご紹介していきたいと思います。まずはターメリックについて。

スキンケア

実はスキンケアに使えるんです

 

   

ウコン=ターメリック

二日酔いドリンクといえば、ウコンですよね。(へパリーゼも最近では有名ですが)

あのウコンがターメリック。

 

日本では、その原型を見ることはほぼないと思います。

 

というのは、ターメリックが生息するには亜熱帯の気候が適しているので、インドやネパールなど南アジアが世界のおもな生産地。

ただ、実際はネパールではターメリックは主な農作物には入っていません。日本などでも目にするたいていのターメリックはインド産です。

 

ネパールでは自分たち用に生産する農家が多いそうです。

ネパール家庭の台所には欠かせないスパイスです。

カレーだけじゃなく、お肉をターメリックでマリネするなどして持ちを良くする、とか、 ターメリックを使わない日は、ネパールではないかも? なので輸出するより消化しちゃえ!って感じなんですかね。

 

ちなみにネパール語ではべサールといいます。

 

ターメリックはショウガ科で、見た目もやっぱりショウガに似てます。

ターメリック

ショウガに似てるけど、中が黄色いです

 

この黄色はお料理だけでなく、伝統的にはおデコのティカなどの顔料にも使われてきました。ティカは、おデコのポチのことです。詳しいことはこちらでご紹介しています!

www.araam-nepal.com

 でも、それ以外にもいいことが・・特に女性には嬉しい効果があるんです。

ということで、ウコンパウダーを使ったレシピをご紹介しますね。

 

ウコンパウダーならオンラインでも手に入りますしね!

 

ホット・ターメリック・ミルク

ウコンってなんかおっさんくさい・・そういうイメージがあるかもしれません。二日酔いドリンクのせいでしょう・・ 

でも、ターメリックを継続的に摂取することで美肌を手にすることができるんですよ。

 

これはターメリックの黄色成分であるクルクミンというポリフェノールによるものです。

肝臓内の血流を良くする作用があり、その結果、抗酸化作用、抗炎症作用ももたらせます。血流をよくすることによって、色素沈着や肌のトーンを整えたりと肌のトラブルを解決してくれます。

 

といって、毎日カレーを食べるのも無理だし、ドリンク飲むのも不経済。ということで、ターメリックミルクです!

   

 レシピ

牛乳にターメリックを一つまみとカルダモンを小さじ一杯入れて、2分ほど煮立てて飲みます。

 

これを毎日1ヶ月も続ければ肌はぴかぴかに!

 

ターメリックのフェイシャルパック

お次は、外から摂取する方法です。

アトピー性皮膚炎や、湿疹のじくじくした患部の治癒に効果が期待できるそうです。

オーガニック

オーガニックに美しく♥

1)クレンザー

お肌に優しいピーリングパックを作ってみましょう。

次の3つを混ぜてフェイシャルパックに。

 レシピ

  • ターメリック 一つまみ
  • 砂糖 小さじ半分
  • 蜂蜜 小さじ半分
  • 牛乳 小さじ半分

顔に塗って2分ほどで、洗い流します。

蜂蜜と牛乳の成分でお肌は柔らかくなり、更にお砂糖でピーリング効果。ターメリックで汚れもしっかり落とし、お肌はしっとりぴかぴかです。

2)保湿パック

 レシピ

ヨーグルトに入れて、顔に塗って10分ほどで、洗い流します。夏はこれで、保湿とクレンジングを同時にできちゃいます。

  • ターメリック 小さじ1/4

 

なお、顔に塗ろうが、やはりターメリックの黄色は黄色。パック中も、パックの後もタオルへの色移りには気をつけてください。

パックの後、さらっと洗っただけでは黄色が残るときがありますが、洗えば落ちますのでご心配なく!

 

以上、ターメリックのご紹介でした。

高いお金を出してブランドの化粧品を買うより、ケミカルなモノを含まないナチュラルなフェイシャルパックの方が、肌が喜びそうですよね。