【ネパールの花嫁衣装サリー】ホワイトウェディングではない

こんにちは、こたろう(ΦωΦ)です。今日は、結婚にまつわる色お話です。

 

 

レッドウェディング

ネパールで初めて結婚式を見たのは5年ほど前。ホテルの部屋の窓から隣接している広場を見下ろしていたら、何やら人がワラワラと集まってきてました。そして女性の皆さんドレスアップしている。 

f:id:araam:20190119182733j:plain

ネパールで見た結婚式

結婚式だね

ん?どこに花嫁さんいるの?

上の写真の左上に赤いドレスの人が居ます。(人の陰にいます・・・)それが花嫁でした。

 

日本では「結婚」といえば「白色」ですよね。ホワイトウェディング。でも、ネパールなどヒンズー教圏では、花嫁はなんです。真っ赤こそ結婚の色サリーだけでなく、靴、ベール、ネイル、口紅も赤を身に着けます。

花嫁衣裳

花嫁衣裳は赤

 

しかも、ここで大事なのは本当の赤であること赤ならなんでもいい、ということではなくて、真っ赤であることが大事です。 

 

サリーの布地屋さんも、こんなに真っ赤かです!

f:id:araam:20190105230051j:plain

神聖な色、赤

 これ、なぜ赤い色なのかというと、新郎をメロメロにするため。

 

 

 

・・・・では、ありません。ちゃんと神聖な理由あります。

 

それは、ヒンズー教の宇宙原理の象徴「シャクティ(性的エネルギー)」が赤色とされているところから来ているようです。

 

性行為は、エネルギーの源ととらえられています。性行為は生殖活動ですから、解釈としては納得できます。ヒンズー教のお寺には男性器を模したお守り(リンガ)があります。 

リンガ

リンガ

 

赤はネパールでは結婚の時以外にも、ハレの日やお祈りのときに使われる最強色とされています。子どもの誕生のとき、成人式などの行事でも赤色がキーカラー。

 

ヒンズー教の神様トップ3の一人、シヴァ神の神妃パールヴァティはシャクティのシンボルです。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/a9/Durga_idol_2011_Burdwan.jpg/285px-Durga_idol_2011_Burdwan.jpg

慈悲深く、勇敢、しかも守護神でもありながら破壊神のシヴァの奥方の赤い色。これを身ににまとうことで、幸せな結婚を願うんですね。

 

喪服の白

ホワイトウェディングの白は、ネパールでは喪の色旦那さんがなくなった奥さん、つまり未亡人の喪中の装束の色です。

 

日本でも死装束は白のですよね。

 

でも一方で、白はヒンズーの世界でも無垢、清らか、平和の色。知識の神様とされるサラスワティもいつも白いドレスを着てます。

サラスワティ